「競争」という間違った考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競争。

企業の成長、人の成長に必要だと思われている。

でも、競争から来るエネルギーは負のエネルギー。

あいつに負けないようにと努力する。

でも、競争の本質を敗者を生むことで、いつかは負けることになる。

すると、その思いは嫉妬、妬みに変わる。

「頑張ったのに報われない」

という強烈な劣等感に襲われる。

そもそも、「競争」しないと頑張れないという考え方が間違っている。

人には、知的好奇心がある。

追求したいという本質的な欲求がある。

職人気質ともいって日本人の気質といってもいいだろう。

もし、競争しないと頑張れないというのであれば、ラーメン屋の店長に失礼だ。

彼らは、誰かと争っているわけではない。

ラーメンに情熱を込めて、よりいいもの、より美味しいものを作ろうとしている。

江戸時代の住民は、街の民のために頑張ろうと勉学に勤しんだ。

人に勝とうとしているわけではない。

この、見返りを求めない姿勢が、明治維新を生んだ。

競争は見返りを求めるが、その見返りはいずれ不満足なものとなる。

競争よりも追求。

よりいいものを追求すべきだ。

追求に情熱をかける人の生きざまはカッコいい。

人との戦いではなくて自分との戦い。

すると、ビジネスは不思議なほど上手くいく。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク