ホリエモンの「貴方達には理解できない事をやってるから、僕は上手くいったりとかするわけ」発言に思うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前の話だけどホリエモンがサンデー・ジャポンで言った発言が話題となってる。

それが、

「貴方達には理解できない事をやってるから、僕は上手くいったりとかするわけ」

これに対して西川史子は、

「なにその発言考えられない」

と怒った。

でも、これって的を得ている発言だと思う。

たしかに、

「貴方達には理解できない事をやってるから、僕は上手くいったりとかするわけ」

の発言は、不用意だったかもしれない。

不用意だとは思うが、それもわかった上でホリエモンはこうなることもわかって発言していると思う。

この発言の前に、杉村太蔵や西川史子の言動に遮られている。

この間に色々と考えてこの人達になにを話してもわからないから、

「貴方達には理解できない事をやってるから、僕は上手くいったりとかするわけ」

批判されることを覚悟してこの発言をしているように見える。

リスクをとっているホリエモン

ホリエモンはリスクをとっている。

そのことを忘れてはいけない。

多くの人が自分で好きなように仕事ができる起業を考えてみたりするが、リスクがあると判断して起業しないで今の生活を維持する。

だが、ホリエモンに限らず起業家はリスクをとっている。

むしろ、ホリエモンは起業することじたいリスクだと思っていない。

事実、起業におけるリスクはそんなにないもの。

いざとなったら自己破産すればいい。

出家する選択肢もある。

食料廃棄が問題になっている日本では、なんとかなるもの。

なんとかならない人は、自分のプライドを捨てられない人。

人に頼れない人。

いざとなったら人に頼ればいい。

ホリエモンはこういった正しいリスクへの認識を持っているから、挑戦できる。

挑戦するからこそ成功できる。

みんながリスクだと思うからこそ美味しい

みんながリスクだと思うこと。

それって実は美味しいところ。

だって未開拓なんだから。

未開拓のところを正しい知識、認識、ノウハウを持っていれば失敗はしないし、低リスクハイリターンのところを選べるわけだ。

その見分け方がホリエモンは上手い。

いや、ホリエモンは挑戦をしてきたから、リスクに対する正しい認識を出来るようになったのだろう。

そういった意味では、ホリエモンが語った

「貴方達には理解できない事をやってるから、僕は上手くいったりとかするわけ」

発言は的を得ていると思う。

嫌がる人に限ってリスクをとっていない

ホリエモンに対する当たりが強い人。

こういう人に限ってリスクを取っていない。

ホリエモンはリスクをとっているんだから、リスクを取っていない人と違うことを経験しているわけだし、そういうことに関するノウハウも豊富に持っている。

そして、成功者から学ぼうとしない。

リスクをとらないで、リスクを取った人に対して嫉妬をし続ける。

まあ、経済的な成功が幸せとイコールではないから、全て学べとは言わないけどいいところだけ盗めばいい。

悪いところは、無視すればいい。

それだけのことだと思うんだけどね。

世間の常識は古いもの

そもそも世間の常識っていうものは古いもの。

世間の常識は、学校教育や親からの教えに大きな影響を受けている。

学校教育は、ビジネスをほとんど知らないおじさんたちが作っているわけだし、親の考え方はワイドショーやドラマやニュースを見て決まってくる。

殺人事件のニュースが多いから世の中は危ないと思う位の認識しかない。

もしくは、数十年前の成功に縛られている。

これだけ、テクノロジー進化のスピードが早い世の中においては、世間常識になっている時点で古いと思ったほうがいいだろう。

それくらい世間の常識は古い。

もしくは間違っている。

リスクに対して正しい認識を持つことが、成功する1つのポイントだと思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク