コンテンツSEOとは?コンテンツマーケティングでSEOを取り入れるべき理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

こんにちは!コンテンツマーケターのノトヤです。

僕は元々アフィリエイターで、ブログ立ち上げ5ヶ月で37万PVを達成するなどコンテンツSEOに強みがあります。

と言っても、けっこうな人が「コンテンツSEOってなに?」って感じでぽかんとした顔をします。

コンテンツマーケティングはだいぶ広がってきましたが、コンテンツSEOは全然広がっていないのが現状です。

コンテンツSEOはめちゃくちゃメリットがあるのに、あまり広まっていないというのは正直悲しいです

この記事ではコンテンツSEOとはなんなのか、コンテンツマーケティングでコンテンツSEOを取り入れるべき理由をご紹介します。

【コンテンツSEOに興味がある人向け記事一覧】

なぜあなたの会社のコンテンツマーケティングがうまくいかないのか

コンテンツマーケティングの成功事例!SEOにブランディング。年600%成長も

コンテンツマーケティングとは!?成功する企業と失敗する企業の違い

オウンドメディアの役割。メリットとデメリットって?

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツSEOの説明の前に、そもそもコンテンツマーケティングとはなんなのでしょうか?

コンテンツマーケティングはwebマーケティングの中の一つの手法で、記事コンテンツを作成して、ブランディングは企業の会員登録や購入などのコンバージョンの増加を目指します。

2010年代中盤あたりからオウンドメディアという言葉が盛んに言われるようになり、大手や中堅企業を中心にコンテンツマーケティングが行われるようになりました。

コンテンツマーケィングはIT業界を中心に当たり前になりつつある手法です。

コンテンツマーケティングとは!?成功する企業と失敗する企業の違い

コンテンツSEOとは

ここからが本題。

コンテンツSEOとはなんなのでしょうか?

コンテンツSEOはコンテンツマーケィングの中の一部で、どこのチャネルで集客するかの手法の話ですね。

コンテンツSEOのイメージは以下のような形です。

コンテンツマーケティングの手法はいくつかあり、その中の一つがコンテンツSEOでコンテンツマーケティングの最も一般的です。

うまくいけば企業の売り上げを一気に伸ばしてくれます。

※SEOは検索エンジン最適化という意味で、検索からの流入数を増やす施策です。

コンテンツSEOのメリット

次にコンテンツSEOのメリットです。

コンテンツSEOのメリットは売り上げがめちゃくちゃ増えることです。

成功したら売り上げが爆増

成長

コンテンツSEOのメリット一つ目が成功したら売り上げが爆増する点。

コンテンツSEOはインターネット上に記事を公開することによって、検索流入数とコンバージョンの数を増やしていきます。

記事はどんどんネット上に貯まっていき、検索からどんどん新しい人が来て会員登録や購入などをしていきます。

ネットにあるコンテンツは事実上の営業マンで、コンテンツを作成してしまえば25時間365日、無給で働いてくれます

もちろん、コンテンツを作ったり、リライトのお金はかかりますが、それでも作ったコンテンツは稼ぎ続けてくれます。

コンテンツSEOがうまくいってる企業だと広告費換算で月数千万円〜数億円の価値を出しているところもあり、成功すれば売り上げが爆像していきます。

真似できない

コンテンツSEOのメリット2つ目が真似できないところです。

従来型のマーケティング手法のインターネット広告では、広告を出すチャネルやキーワードを真似できますし、ランディングページなどの要素を真似することによってパクることが簡単にできます。

一方で、コンテンツSEOの場合は真似すことがなかなかできません。

というのも、コンテンツSEOでのパフォーマンスは、組織力で決まります。

優秀な編集者とライターがいて始めて、はじめていいコンテンツ出来上がます。

その組織は真似しようとしても真似できないので、パクられるリスクはないと言っていいでしょう。

コンテンツSEOのデメリット

次にコンテンツSEOのデメリットです。

メリットが大きいコンテンツSEOですが、デメリットがあるのは事実です。

時間がかかる

時間

コンテンツSEOのデメリットが時間がかかるところ。

コンテンツを作成していきなりSEO流入が増えるわけではありません。

というのも、SEOでは信頼性が重要視されています。

そのサイトやページごとの評価がされていて、ページ立ち上げ当初の信頼度は0になります。

この信頼度が高まるまで時間がかかるので、立ち上げには時間がかかります

成功するかわからない

コンテンツSEOのデメリットが成功するかわからないところ。

どの分野でも一緒ですね。

業界や商材によって競合の強さが異なるので、成功しやすい分野と成功しにくい分野があります。

最近のコンテンツSEOはグーグルがかしこくなったのと、ここ数年で大量にコンテンツが投下されたために、難易度が上がっています。

とはいえ、本当に詳しい人が入ったり手伝ってくれれば成功確率がかなり上がるので、もしコンテンツSEOをやるのであれば、誰か詳しい人をいれるようにしましょう。

コンテンツSEOが成功して年600%越えの企業も

いい面も悪い面もあるコンテンツSEOですが、コンテンツSEOがうまくいって年600%成長をしている企業も存在します。

低成長の日本において年600%っていうことは年で6倍成長なので、めちゃくちゃな伸び方です。

他にも、月間のリード獲得を2000件コンテンツSEOで獲得している企業もあったりと企業の成長の原動力になります。

コンテンツマーケティングの成功事例!SEOにブランディング。年600%成長も

なぜ、コンテンツSEOを導入すべきなのか

今のうちにコンテンツSEOを導入すべきでしょう。

2010年代からインターネット広告が盛んに行われるようになり、広告の単価はどんどん上がっています。

また、2020年以降はオリンピック景気や首相交代によるアベノミスク終焉で、一気に景気が冷えることが予想されています。

資産になるコンテンツSEOを行い、検索からの流入を増やしておければ景気の悪影響を和らげることができます。

webマーケティングの最先端アメリカでは、コンテンツイズキングと呼ばれていて、コンテンツマーケィングが盛んに行われています。

中でもコンテンツSEOには力を入れていて、CCO(チーフコンテンツオフィサー)が一般的になっているほどです。

これからは、よりコンテンツSEOの流れが出てくるので、景気がよくて競合がそこまで強くないうちにコンテンツSEOを導入することをおすすめします。

コンテンツSEOを導入する方法

次にコンテンツSEOの導入方法です。

コンテンツSEOを導入するには、「インハウス」と「外注」の2つの方法があります。

インハウス

コンテンツSEOを導入する方法一つ目がインハウス。

自社でコンテンツSEOをやる方法です。

コンテンツSEOを自社でやるとなるとライターの採用や教育など大変なところはありますが、うまくいけば会社にノウハウが全て残るので、かなりいい方法です。

僕は基本的にはインハウス化を勧めていて、僕がコンサルティングに入るときには基本的に戦略立案、採用、教育まで行うインハウス化支援を行っています。

記事を納品するほうが利益率はいいのですが、あまりやりがいがないですし、コンテンツSEOは戦略的にやる必要があるので、記事の納品だと成果出にくいのです。

外注

コンテンツSEOを導入する2つ目の方法が外注。

外注には戦略立案の上流から記事の納品の下流まで全て行う場合もあれば、戦略や

対策キーワードを指定して、記事のみ発注する方法があります。

この方法は楽にできますが、その反面成果も出しにくいですし、社内にノウハウが残りません。

また、事業をやっている想いなどが遠くに置かれることもあるのが、コンテンツSEOを外注するデメリットでもあります。

コンテンツマーケィングのコンサルティング業者の選び方!メリット、デメリット

コンテンツSEOの相談に乗ります!

ここまでコンテンツSEOとはなにかについてご紹介してきました。

筆者もコンテンツSEOが得意でコンテンツSEOのコンサルティングを生業としています。

コンテンツSEOは素人の方だと相当難易度が高くてほとんど失敗しますが、自分も含めて詳しい人が中に入ると、「こんなに変わるのか・・・」というくらいの成長をするので、ほんとに喜んでもらえます

それを見て僕は嬉しかったです。

もし、コンテンツSEOに困っていたり、始めたいと思っている方がいたらご相談に乗ります。

全くお金を払う気がなくても大丈夫です!

もし、ご相談していただけるということであれば、facebookからご連絡をよろしくお願いします。

【コンテンツSEOに興味がある人向け記事一覧】

コンテンツマーケィング代行!月額費用10万円、文字単価3円から

なぜあなたの会社のコンテンツマーケティングがうまくいかないのか

コンテンツマーケティングの成功事例!SEOにブランディング。年600%成長も

コンテンツマーケティングとは!?成功する企業と失敗する企業の違い

オウンドメディアの役割。メリットとデメリットって?

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク