「3年続けろ」の正体

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新社会人や学生がよく言われる言葉。

「3年続けろ」

これって意味があるのだろうか?

うーん、全く客観性に欠ける言葉だよね。

頑張り過ぎで客観視に欠ける大人たち

「3年続けろ」っていう。

それによって、成長して得られたことがあったっていう。

3年続けろっていう人は、頑張り屋さんが多い。

この頑張り屋さんたちって、実は客観性に欠けているんだよね。

ワーキングメモリーを使い果たしちゃうから。

脳のワーキングメモリを鍛える! 情報を選ぶ・つなぐ・活用する【電子書籍】[ トレーシー・アロウェイ ]

価格:1,944円
(2016/7/13 20:48時点)
感想(0件)

頑張る人は、脳を普段からフル活用している。

これだけフル活用していると、なにかを判断するときに脳が全然使えていない状況に陥る。

なにごとも単純化して、両極端な意見になる。

好きな物を過大評価して、嫌いなものを過小評価する。

同じ考え方の人で集まり、より意見が極端になっていく。

主観的な意見をいう人がどんどん増えていく。

どこと比較しているのか

そもそも、3年続けろと言うけど、どこと比較しているのか。

どことも比較していない。

辞めた後にはたくさんの選択肢がある。

転職、独立、起業、留学、ニート・・・

3年続けることがこれらの全ての選択肢より超越していると言うのか。

そんなのはありえない。

どう考えても、一番成長するのは起業だ。

数多くの壁にぶち当たり、数多くの失敗をして、幅広い業務をこなすことになる。

3年続けるって言ったて、所詮は企業が守ってくれるさ。

でも、起業は自分で自分を守るしかない。

転職だって、転職によって得られることはたくさんある。

むしろ、1つの会社にいたらその会社で生きていけるスキルしか身につかない。

長くその会社にいたら、ルーチンワークになる。

努力しなくても、なんとなくで仕事ができる。

それに甘えてしまう。

転職をすれば新たな会社で生きていくためのスキルが身につくから成長だってする。

自分で考えて行動することが大事

ここまでは、転職や起業のメリットを述べてきた。

もちろん、転職や起業だってデメリットはある。

3年続けるデメリットだってある。

物事には全てに表と裏、陰と陽がある。

メリットとデメリット。

それを一色単にして、3年続けるのはいいことだっていうのは、無責任だし客観性に欠ける。

大事なのは、自分にとって何が大事か。

何に重きをおくか。

それによって選択が変わってくるし、あなたの人生だって大きく変わる。

転職のすすめ!成長したいならたくさん転職をしろ

日本で評価されると思われているのが、1社でずっと続けている人。 なんか、我慢強くて優秀なイメージがありますよね。 でも、それって幻想。 1社だけだと能力は全然つかない。 その理由を紹介します。 転職をすると環境も変わり、職も変わります。 そして、会社によって強みが違いますね。 仕組みづくりがうまい会社、ノウハウがたくさんある会社、個々の能力がいい会社、いいツールを使っている会社 …

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク