自分の人生は自分で切り開くもの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他人に依存する日本。

国家に、会社に友達に依存する。

正社員として働くっていうことは会社に依存するってこと。

この本質を理解していない人が多いと思う。

他責

自責と他責がある。

他責の人は、自分以外の人に依存して生きている。

すると、何が起きてもその理由は自分じゃない他人にある。

失敗したら他人のせい。

成功しても他人のおかげ。

これではいつまで成長しない。

精神的にも不安定。

その他人がいなくなったら人生が終わっちゃうからね。

自責

自責は自分で物事を決定して動く。

失敗するのも成功するのも自分のおかげ。

成功したら人一倍嬉しい。

失敗したらどこが悪かったのかと反省し、改善策を出して実行する。

自分で意思決定して動くと、意思決定の質が上がる。

経験がないうちに、自分で意思決定するとほとんどが失敗する。

でも、その失敗が財産になる。

成功率が歳を追うごとに上がっていく。

自分の道は自分で切り開くもの

敷かれたレールの上に走ろうとしても、そのレールがいつまで続いているかわからない。

途中でレールが無くなっていてもその人のせい。

一方で自分で道を切り開くの大変。

特に最初は。

でも、その経験が財産になって人生が充実する。

なにが起こっても対処出来るだけの能力を身につけることができる。

自分で決めて、自分で責任をとるからこそ面白い。

挑戦したから人類はここまで発展を遂げた。

もし、人類が挑戦していなかったら変化に対応できなくて滅んでいただろう。

自分の人生は自分で切り開く。

大事なことだと思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク