ふく紗「伊東信二」から学ぶ!発想力の磨き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ふく紗社長伊東信二さん。

この伊東信二さんが面白いんですね。

お母さんの「着物」をリメイク、リフォームして世界で1つしかないドレスを作ったり。

着物じを使ってムスリルの服を作ったり。

世界初の着物地を使ったファッションショーを開催したり。

これがけっこう評判がよかったりする。

「ムスリル」×「着物」って笑

なかなか、他の会社や社長さんにないようなことを考えて実現しちゃうところがふく紗伊東信二社長の凄いところ。

そんな、伊東信二社長の発想力の凄さにフォーカスを当てていきます。

お客さんの要望を聞く

伊東信二社長の発想力はお客様の要望を汲み取る能力からきてると思う。

着物地を使ったリメイクはお客さんの要望を聞いたところから始まっているんだって。

和の素材、着物の素材を通して、小物、洋服を展開しているうちに、お客様が着物を持ってこられるんです。

持ってこられて着物で私に会った服を作れませんかと。

お客様のほうから打診があったんです。

ふく紗伊東信二社長
引用:FM愛媛

このお客様の声を聞いた伊東信二社長が着物のリメイクを行い、結果成功する。

現場にいることって大事で、お客様の声が思わぬものをもたらしてくれる。

お客様の声を聞く過ぎるのもよくないけど、聞かなすぎるのもダメ。

今の日本社会でよく見られるのは、なんでもかんでも聞いちゃうこと。

お客様の「わがまま」と「想い」を区別しないででなんでも聞いちゃう。

それによって自分の価値を下げることになる。

なんでもかんでも言うことを聞いちゃう異性って、都合のいい相手になっちゃうからね。

わがままを聞いてはいけないけど、お客様の「想い」はしっかり聞かないといけない。

想いは感動体験に繋がり、感動体験は口コミとなる。

人って喜び、悲しみを共有したい生き物。

「お金に変えられない価値がある」 by master card

感動体験ってお金に変えられないから、高くても買っちゃう。

いや、値段なんて気にしない。

だからこそお客様の想いを実現するのが大事。

オーダーリメイク、宣伝はしてなかったんですけど、お客様からお客様に口コミで広まっていきまして、色々当初一人ひとり増えていきまして、百貨店でもオーダーリメイクをおもに扱うようになりまして、えぇ。
ふく紗伊東信二社長
引用:FM愛媛

そのことを本能的に理解して、またそれを実現しちゃうのがふく紗伊東信二社長の凄いところ。

伊東信二社長が運営している株式会社ふく紗。

着物のリメイクとか着物地を使ったムスリルのファッションショーとか面白いから、興味が有る方は以下のリンクに有る記事を見てみてください!

株式会社ふく紗「ムスリル×着物」で一世風靡!かなり面白いよ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク