心の「ランナーズハイ」を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデアが出ない。

解決策が見いだせない。

今の日本人には非常に多く見受けれられる悩みだと思う。

考えようとしても余計なことを考えてしまう。

そんなときには、心(脳)のランナーズハイが必要だと思うんだよね。

意識と無意識

人には、意識と無意識がある。

もし、今あなたが、「無」になれって言われたら、無になることは出来るだろうか??

ほとんどの人が、無ってなにって考え始めるだろう。

それくらい、人にとって考えることが習慣となっている。

この考える習慣がけっこうやっかい。

無がわからないってことは、自分の心をコントロールが出来てない。

それが心の暴走を生む。

鬱になるのは心の暴走が原因

急に憂鬱になることってあるよね。

それって、過去のことを思い出しちゃうからそうなる。

「あの時怒られたよな」

とか

「また失敗するんじゃないか」

とか余計なことを考えてしまう。

現代社会において、つらい過去を思い出す必要はない。

なのに、自分の我が身を壊すようなつらい過去を思い出すのは、心が暴走してしまっている。

鎌倉一法庵住職・山下良道さんは心の暴走について以下のように語っている。

暴走するとはどういうことかというと、未来に対して、勝手に不安なストーリーを想像して、心配が止まらなくなってしまう。

過去に対して、一週間前にあった嫌な出来事を、何回もこころのなかでリプレイして、そのたびに嫌な思いをする。

何回も辛い経験、嫌な出来ことを思い出してしまう。

実態以上に、自分が辛い経験をして壊れてしまう。

人が幸せに生きるには、この心の暴走を止める、心をコントロールするのが必要になってくる。

これから求められる禅の力

助け合いの文化がなくなり、競争の文化が生まれた現代社会。

ロボットの登場により、それに拍車がかかる。

さらに、人々の道徳レベルが落ち、すぐネット上で炎上する社会になった。

人は孤立感を深めていく。

だからこそ、心の暴走を止めるのに寄与する禅が求められる。

まあ、禅でなくても瞑想でもよいのだが、仏教の文化が根付いている日本社会においては、禅のほうが求めれるようになるだろう。

圧倒的な成果をもたらす心のランナーズハイ

成果を出すためには、心のランナーズハイを作る出す必要がある。

走るときのランナーズハイは気分が高揚し、疲れも吹き飛んでしまうのだが、心のランナーズハイはビックリするくらいアイデアが出てくる。

しかも、そのアイデアがしっかりと繋がる。

あれとあれとあれを組み合わせれば上手くいくんじゃないか?

と普段だったら考えつかないような、合理的で面白いアイデアが出てくる。

もちろん、成功率も高い。

人には、そういった覚醒する瞬間がある。

それは、人によって様々だ。

ある人は、トイレの中でふと思いつく人もいる。

心のランナーズ(覚醒状態)に入る。

ある人は、夜の河川敷を走っていると心のランナーズハイに入る。

覚醒状態で思いついたアイデアはビックリするくらい結果が出る。

「自分の常識が根底から覆されることになる。」

「頑張ることが無意味に感じられる」

それくらい大きな変化が訪れる。

その覚醒のスイッチは人によって違う。

覚醒のスイッチの見つけ方

覚醒のスイッチはどんな人でもある。

「ふと冷静になる瞬間」

その時自分がどこにいたか思い出すといい。

冷静になれるのは、心が覚醒している証拠。

今までの自分って何だったんだろうなと黄昏る瞬間。

反省するけど、至って冷静なとき。

これが、覚醒のスイッチが入ってる証拠。

たまに起こる覚醒のスイッチを毎日入れるようにしよう。

すると、反省のときが終わり、アイデア、解決策がポンポン生まれてくる。

このランナーズハイの状態を、コントロールできるようになったら、努力は不要。

頑張る必要はない。

だって、解決策がすぐ見つかっちゃうからね。

心のランナーズハイの入れ方を勉強してみよう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク