「学生起業」は成功するか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近増えてきた学生起業。

でも、学生起業ってうまくいくのかな??

成功はかなり難しい

学生起業は増えてきたけど、成功はかなり難しいよね。

学生が特に弱い部分は組織づくり。

なんといっても、常識がないからお互いの意見を言い合って、内部分裂するのがめちゃくちゃ多い。

組織の体をなさない可能性が高いよね。

成功している中で多いのが、ぶつかりあってお互いを高め合う。

これが多いよね。

あとは、最近学生がインターンで活躍して起業するケース。

これは、けっこう成功する。

組織に入って仕事をしているから、それに従って作るからね。

学生起業したい人は、まずは長期インターンをするのがポイントだね。

成功すると勢いになる

学生は常識がない。

だから、それが勢いになる。

常識がないと、それだけ積極的になれる。

それが結果、勢いにつながる。

学生起業はリスク無し

起業=リスクってイメージがあるけど、これが学生起業になるとリスクがないんだよね。

起業のリスクを分解してみると、借金と再チャレンジが出来ない2つのリスクがある。

借金については、お金を借りなければいいから問題ないよね。

お金が尽きたら、やめればいい。

もしくは、バイトしながら仕事をすればいいよね。

あとは、再チャレンジが出来ない。

これは、おじさんだとそうだよね。

でも、学生には再チャレンジができなくなることはありえない。

だって、履歴書に書く必要がないからね。

学生起業の失敗をバレることがない。

話さなければ。

あとは、若手社会人も再チャレンジができなくなるリスクは少ないよね。

新卒3年以内は第二新卒扱いだからね。

ようするに、ポテンシャル採用。

面接でポテンシャルがありそうだと思われれば、再チャレンジが可能。

ただ、この場合は転職先がダメな職場だと悲惨な目に合う。

このように、学生起業はリスクがないんだよね。

学生起業はメリットだらけ

学生起業で成功するのは、かなり難しい。

でも、学生起業したときのメリットは途方もなく大きい。

やり方がわからなかったら、長期インターンを経験してから起業をすればいい。

とにかく、色々なノウハウが身につく。

起業家、経営者はとにかく色々なことをしないといけない。

色々な能力が必要。

色々出来ないことがあって大変だけど、出来ないながら頑張ってやる。

社会は学生起業ということで受け入れてくれる。

たくさん教えてくれる大人がいる。

これが、社会人が起業をしても誰も相手にしてくれない。

学生には、優しくなるのが社会人。

私からすると、学生起業をした人は羨ましい。

なんたって、リスクなくて大きなものを得られるからね、

学生起業。

おすすめします。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク