なんで僕だけ就職が決まらないの??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職が決まらない。

これって大きな悩みだよね。

自分だけ置いて行かれてる感じがする。

私の悩みなんてわかるわけない

と思って余計に孤立したりする。

孤立したら余計に自分に自信がなくなって、面接で失敗してまう。

なんで自分だけが就職決まらないんだろう??

とずっと思ってしまう。

でも、就職が決まらないのには大きく分けて2つの理由がある。

その理由が

面接下手

緊張

のこの2つ。

僕が感じている中では就職が決まらない人のうち9割が緊張型にあてはまっていると思う。

よくよく考え起こしてみてほしい。

友達と普通にコミュニケーションってとれるでしょ??

友達の前では面白おかしくはなすことができる。

でも、面接だと頭真っ白になって話せない。

こんな人が圧倒的に多いし、緊張で自分の力が発揮できないのはもったいないと思う。

場数をこなすのは、緊張しないための方法論のひとつだけど、場数をこなすのって大変だし場数をこなしたって緊張する。

「世界のトップを極めたスポーツ選手でも大事な試合の前は緊張するもの」

プロじゃない私達が緊張するのは、ごくごく自然なことだしそれが理由で就職が決まらないのはやっぱり残念なこと。

緊張をとければ、多くの人は就職が決まるわけだが、その方法が難しい。

そこで、僕がおすすめするのはお酒。

お酒を飲むこと

「えっ、そんなのマナー違反だよ」

って声が聞こえてきそうだけど、大丈夫。

お酒を飲んでも怒られない。

最近の就活は進んでいて、お酒を飲んでも怒られないんだよね。

むしろ、就活でお酒を飲むことを勧められる。

そんな就活イベントがある。

その就活イベントはその名も

厳選企業3社と話せて逆オファーがもらえる!オイシイ就活イベント!

ちょっと名前が長いけどねw

お酒と食べ物を飲み食べしながら、人事の人と就活相談できるイベント。

就活生からすると緊張しないで話せるし、相談もできる。

人事からすると、その人の本音がわかるから相性とか普段面接では見れない面を見れるから、人事からしても、採用しやすいイベントになる。

就活決まらない人にはぜひとも、行ってもらいたいイベント。

お酒を飲みながらやることによって、緊張しないでできるのは大きなメリット。

この就活イベントの話を聞いて、

どうせ私には無理だよ

って思っているかもしれない。

いや、思っていると思う。

それが就活決まらない人のダメなところ。

昔を思い出してみよう。

小さい時、頑張って転びながら自転車に乗る練習をしたよね。

自転車に乗れる将来を夢見ながら。

九九の掛け算だって、苦しみながらもひたすらやり続けたよね。

でも、今はどうだろうか??

就活ではどうだろうか??

余計なことを考えてうじうじしている。

「就活決まらなかったらどうしよう」

「不合格になりたくない」

子どものころはそんなこと考えなかった。

考えても、それを忘れるくらいがむしゃらにやり続けた。

無理じゃないと考える暇があったらトライしてみよう。

トライした後にどうしたらいいか考えればいい。

次の就職のイベントは8月23日。

これに申し込んでみよう。

就活が決まらないと悩む日も少なくなるはずだよ。

申し込みはこちらから

長期インターンに参加してみる

就職が決まらないなら、長期インターンに参加してみるのも1つの選択肢かもしれない。

長期インターンにはいくつもメリットがある。

まず、志望動機が明確になる。

実際に長期インターンに参加して働いてみると、今までの違った部分が見えてくる。

その企業や業界のいいとこを使って志望動機にもできるし、悪いところを使って逆に志望動機を作りやすくなったりする。

就職が決まらないと悩んでいても、長期インターンにを初めて見ると意外と決まったりするもの。

他にも、長期インターンの実績が自分の強みとしてアピールできる。

チームにどう貢献して、どういう数字を残したか。

学生時代に頑張ったことって自分に取ってわからないことが多かったりする。

例えば、30人の集約達成したってアピールしても、面接官にとっては凄いか凄くないかわからないからね。

だから、長期インターンでビジネスをやっていたら、相手の面接官にとっても凄さが伝わってくるから、採用しやすいんだよね。

最後に、長期インターン先から内定がもらえたりする。

今の時代は、人手不足の時代。

その時代において、長期インターンから人を採用するのは合理的な判断。

人材紹介会社を使うと平均50万円の料金を取られるし、長期インターンで中に入っている人は教育コストが少なくて済むからね。

長期インターンを使うと3つのメリットがある。

だから、就職が決まらないって悩みは意外と無くなるかもしれない。

なにより、長期インターンってお金を貰える場合が多いから、バイトするくらいだったら長期インターンを使って、お金をもらいながらビジネスするのが、いいと思うんだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク