なぜ就職活動を目の敵にするのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、増えてきた就活不要論。

まあ、明らかにリクルートスートはいらないよね。

でも、就活って人を成長させるよ??

初めての自己アピール

就活で人は大きく成長する。

就活って学生にとって初めて自己アピールする経験なんだよね。

まあ、大学や高校の入試で面接とかあった人もいるだろうけど、本格的に面接、自己アピールを見られるのは初めてなこと。

自己アピールが苦手な日本人にとって、面接は成長のチャンス。

就活は大変って言うけど、就活程度の質問をしっかりと答えらない人が、社会で生きていくのはかなり厳しい。

そういった意味では、就活で苦しむことは大きな経験になる。

まあ、リクルートスーツを着る必要はないと思うけどね。

初めて人生について考える

日本人が学生生活で人生について考えることがあっただろうか??

働くことについて考えたことがあっただろうか??

もし、それについてしっかりと考えられているのであれば、大手重視の就活も変わり皆内定をもらえるようになる。

就活で内定取れないのは、自分がやりたいことが見つからないから。

だから、なかなか内定が取れないで苦しむ。

そもそも、今まで働くことについて考えてこなかったわけだから、就活って一定の価値があると思うんだよね。

問題はなのは就活なのではなくて教育

問題なのは、就活じゃなくて教育にあると思う。

もし、生き方をしっかり考えられているのであれば、就職活動の時期になってもあたふたしないし、長期化だってしない。

就職以外の選択肢を取る人だって増えるさ。

生きる意味がわかっていれば、就職はひとつの選択肢でしかないと気づくからね。

就職以外の選択肢を取る人が増えれば、新卒一括採用のメリットが薄くなり、自然と制度だって変わっていく。

本質がわかっている優秀な人ほど、即就職の道を選ばなくなるわけだから、新卒一括採用をするメリットがなくなるよね。

既卒を取ろうってなる。

就活の問題は教育に起因している。

なぜ、生きる意味を教えないのか??

働く意味を教えないのか??

だから、日本全体に閉塞感が漂う。

頑張っても報われない気持ちが覆い尽くす。

働くのが辛くなる。

生きる意味、働く意味について考えさせられる就活って意味あると思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク