IT化によって、都市は過密化し、田舎は過疎化する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITによって、自由な働き方が可能になった。

そして、場所を選ばなくなった。

パソコンひとつあれば、どこれも仕事ができちゃう時代だからね。

普通に考えれば、地方が活性化すると思うよね。

クラウドソーシングで地方にいる人が仕事を得ていたりする。

クラウドワークス
とかね。

田舎や海外に移住して悠々自適な生活をしている人もいる。

でも、それはほんの一部。

IT化の実態は、都市の過密化をうみ、田舎は過疎化する。

ITって、労働者数と売上が比例しない。

人材集約型のビジネスじゃない。

プログラミング出来ない人にアプリの開発やらせたって、アプリは出来ない。

むしろ、バグばっかりのどうしよも無いアプリが完成する。

マーケティングだって、間違った施策をいくら打ったて赤字を垂れ流すだけ。

ITの場合は、優秀な人を採用したい。

だから、優秀な人がいる都市部に会社は集中し、そこに人が集まってくる。

勢いがあるIT企業が集まれば、それだけ他の業界も潤うことになるから、都市部の過密化には拍車がかかる。

IT化で都市部は、過密化しちゃうんだなー

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク