夢に向かって「歩く」生き方をしてみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢。

誰もが持っている、あるいは持っていたもの。

子どもの頃は殆どの人が夢を持っていたよね。

でも、今は諦めちゃっている人がほとんどだ。

現実を見てしまい、「私には無理だと思ってしまう」

たしかに、スポーツとかだったら諦めるしかないかもしれない。

若い人のほうが圧倒的に有利だからね。

でも、それ以外の夢を持っている人は諦める必要はないと思うんだ。

僕がおすすめしているのは、夢に向かって歩くこと

なんか夢って目標に向かって全力に努力しないといけないものって勘違いしているひとがこの世のには多いような気がする。

全力で夢に向かって走った結果、疲れたから夢を諦めてちゃう人が多い。

夢を追うのに疲れただけで、夢を諦めるのってもったいないと思う。

そうじゃなくて、夢に向かって歩く。

希望を持って歩きつづける。

うさぎに勝ったカメのように。

夢に向かって歩いているから、夢をかなえる前に死ぬかもしれない。

でも、それでいいじゃないか。

それが人の生き方っていうもの。

若くして暗殺された坂本龍馬。

彼は道半ばにして暗殺されてしまったが、彼の人生は不幸だったのだろうか??

僕は、坂本龍馬の人生は幸せだったと思う。

夢、希望に向かって生きていた坂本龍馬にとって、叶うかかなわないってそんなに重要なものじゃないと思うんだ。

希望に向かって生きる人生って、充実するもの

人は生きる意味があればイキイキと生きれる生き物。

だからこそ、疲れない夢に向かって歩く姿勢が重要なんだと思う。

起業が夢な人は、週1時間でいいから起業のために時間を充ててみよう。

その時間を徐々に増やしてみる。

あら不思議。

人生が楽しくなっていくはずだよ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク