キャリアセンターの話を聞くなんてナンセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生にとって大きな悩みの種の就活。

面接が通らない、ESが通らないとか人にとって違った悩みがありますよね。

すると、頼るところがキャリアセンター。

でも、キャリアセンターの教える人ってどんな人かな??

正直言って、キャリアセンターの話を聞くのはナンセンスです。

キャリアセンターの人が就活がわかるわけがない

そもそも、キャリアセンターの人ってどんな人でしょうか??

おばさん、おじさんですよね。

数十年前に就活をした人なので、今の就活事情って全くわかってません。

それに、優秀な社会人が選ぶとこではありませんよね。

言葉は悪いけど、優秀じゃない人がやっている。

そんな人達の言うことを聞いてもとてもじゃないけど受かりません。

ハローワークも同様ですね。

行き過ぎたマナー指導

面接におけるマナー指導。

面接官はマナーについてはあまり見ていません。

自分も含めて、社会人だからと言ってマナーが出来てない人は多いですし、マナーは入社してからでも学ばせることは出来ます。

あくまでも、新卒はポテンシャル採用ですからね。

そんなことよりかは、話している内容やコミュニケーションの雰囲気が重要です。

それなのに、ノックの回数とか座るタイミングとか重要ではないことを教えますよね。

それで結果、緊張して空回りする。

それがダメなんですよね。

キャリアセンターではなくて他の人に聞きましょう。

複数社内定もらったに教えてもらう

先輩にどう就活したらいいのか聞きましょう。

それも、複数社内定もらった人です。

複数社内定貰った人は、就活でなにかしら掴んだ証拠です。

その人達に、指導してもらえばだいぶ就活も有利にいくでしょう。

やっと内定出た人とか、たまたま内定出た人に就活について聞いてはいけません。

正直、なにもわかっていません。

人材紹介会社を使う

人材紹介会社の人を使いましょう。

もしくは人事の人です。

とにかく自分がダメなところを聞きにいきましょう。

相手によりますが、いいアドバイスが聞けます。

数打っておけば、いずれいいアドバイスをもらえるので人材紹介会社を使いましょう。

就活イベントに行く

就活イベントに積極的に行ってください。

特に、人事や経営者と交流があるようなイベント。

有名どころで言うとmeetscompanyというイベントとかですかね。



とにかく人事や経営者と話してください。

たくさん話すと、なんとなく就活とはなんぞやとか面接で話すべきこととかわかってます。

まとめ

就活で大事なのは考えるのではなく行動することです。

行動することによって、就活が理解でき、面接で話すべきことがわかります。

とにかく行動しましょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク