ジョー・ゲビア!世界的民泊仲介サービス「Airbnb」の創業者。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョー・ゲビアはご存じですか??

ジョー・ゲビアは世界的な企業Airbnbの創業者。

もう既に、世界中で知名度が高いAirbnbだけど、CPO兼共同創設者のジョー・ゲビアやCEO兼共同創設者ブライアン・チェスキーについては意外と日本ではマイナー。

Airbnbとは?

ジョー・ゲビアの紹介の前に簡単にAirbnbの紹介をしますね。

Airbnbは2008年8月創業に創業した世界191カ国に展開している民泊仲介サービス。

ホテルや旅館に泊まるのではなくて、個人が所有している家などに泊まる色々な人とコミュニケーションが取れるのも人気の秘訣。

ホテルにないようなドキドキ感もAirbnbにはある。

@kikis_picが投稿した写真

Yuya Satoさん(@yuyasato1205)が投稿した写真

Airbnbを始める人は、クリエイティブな人が多いからお洒落な家も多かったりするんだよね。

Airbnbは、シェアリングエコノミーの代表的な企業と言われていて、エニタイムズやメルカリなどのシェアリングエコノミーの企業は数億円から数百億円の調達が急増している。

エニタイムズは面白いよね。

最近出たのでいうとギフルとか。

ギフルはamazonとかiTunesカードが安く使えたりする。

新しいフリマのギフル!amazonが3割引で使える!?

その中でも代表的なのが、AirbnbでAirbnbの時価総額は3兆円を超えて、累計利用者数も2016年7月に1億人を超えた。

そんな世界的にすごい企業がAirbnbなのだ。

ジョー・ゲビアとは

ジョー・ゲビアは、AirbnbのCPO兼共同創設者。

ジョー・ゲビアが大好きなのがアートとデザイン。

アートとデザイン好きがこうじ、ロードアイランド・スクールオブデザインでは「グラフィックデザイン」と「インダストリアルデザイン」のふたつの学位を取得する。

airbnbをはじめたきっかけ

Airbnbは、共同創業者のジョー・ゲビアの経験により、はじめることとなる。

それは、ある知らない男を家に泊めた経験。

ジョー・ゲビアは、大学時代卒業した次の日に庭先で不要品を売ってて、その時知り合ったアメリカ横断自動車旅行をしていた人を成り行きでジョー・ゲビアの家に泊めることになる。

この時、ジョー・ゲビアは「異常者」だったどうしようとか、不安にかられるが、なにもなく朝を迎える。

今でもこの人とジョー・ケビアは連絡を取るようななかのようだが、これが後Airbnbの創業につながることとなる。

その後サンフランシスコに引っ越すこととなり、引っ越した2年後にある情報をジョー・ケビアは聞くこととなる。

それは、「デザイン系のカンファレンスが行われるせいでサンフランシスコのホテルがどこもいっぱい」だという話。

それを聞いたジョー・ケビアは当時ルームメイトだったブライアン・チェスキーに

「おい小金を稼ぐ方法があるぞ。家を“デザイナーズ・ホテル”に変えるんだ。街にやってくる若いデザイナーに、Wi-Fi、小さな作業スペース、敷き布団、朝食付で泊まる場所を提供するんだどうだい?」

と話しかけ、Airbnbを始めることになる。

最初は苦悩していた

ここまで順風満帆に見えるジョー・ケビアやAirbnbですが、実は、売上が全然上がらないで苦悩していた日々が続いていた。

スクリーンショット 2016-08-04 14.03.57

上の図に有るように2007年から2010年までAirbnbは全然伸びません。

ここまで伸びないのは逆に珍しい。

それだけジョー・ケビアは苦悩をするわけですが、それもそのはず。

シェアリングエコノミーには、必ず立ちはだかる壁があるのです。

それは、シェアリングエコノミーの「個人間取引」によってもたらされるもの。

宿を貸す側と借りる側。

これが片方だけ多くてもダメ。

宿を借りたくてなかったら、二度とその人は来ないし、貸す側も誰も借りてくれなったら来なくなる。

これは、コンビニとか実店舗で考えてみるとわかりやすいかもしれない。

なにも売っていないスーパーやコンビニ。

もしくは、自分の興味が無いものしか置いていなかったら、その店には二度と訪れなくなるだろう。

店を出店するから側からしても、店の前を誰も通らなかったら出店はしないし、出店をしたとしても撤退しています。

Airbnbなどのシェアリングエコノミー企業は、このジレンマにはまってしまう。

このジレンマにジョー・ケビアは苦悩することになる。

Airbnbが成功したのはたまたま??

先ほども述べたとおり、Airbnbは全然上手く行かない。

それどころか、アクセス数すら増えない。

そんな状況でジョー・ケビアをはじめとする創業メンバー達は、なにを思ったか大統領候補であったオバマやマケインをテーマとしたシリアルを作って宿の提供者達に売り始めた。

日本人からするとわけがわからないよね。

あまりにも、上手く行かないから現実逃避したと思う人がほとんだなんじゃないかな。

でも、その現実逃避?が当たるんですね。

なんと、オバマシリアルをCNNが取り上げるんですね。

CNNはアメリカでかなり人気の放送局。

そのオバマシリアルで儲けたお金をもとに、サービス改善や営業活動にジョー・ケビアをはじめとする創業メンバーがいそしむことになる。

この施策が成功する。

スクリーンショット 2016-08-04 14.32.58

その結果、Airbnbは急激に成長して今のAirbnbの地位を手に入れることとなった。

オバマシリアルがジョー・ケビア、Airbnbを成功させたんですね。

ジョー・ケビア本人も予想してなかったんだろうなー

Samaraを開始

ジョー・ゲビアは、Airbnbの社内に様々なイノベーションを起こすプロジェクトを起案・遂行するための専門デザインスタジオ「Samara(サマラ)」を社内に設立したことを発表しました。

Samaraは既に始まっていて、日本では「吉野杉の家」プロジェクトがもう既に始まっている。

この「吉野杉の家」は奈良県の吉野町にで地元コミュニティによる管理のもと、Airbnbを通じて宿泊予約できるようになります。
ここにゲストが訪れることによって、若者の流出に悩む地方の伝統文化の継承を支え、この地域の未来に貢献することができます。

おそらく、ジョー・ゲビアはコミュニティを作る、強固にするために始めたプロジェクトなんだと思う。

Airbnbでコミュニティ作りに力を入れているからね。

ちなみに、吉野杉の家はこんな感じ。

澄。 秘密基地にいるみたい。 #housevision #吉野杉の家 #Airbnb×長谷川豪

Mayo Yamadaさん(@mayo12m)が投稿した写真 –

@morissy_edoが投稿した写真

さすが、ジョー・ゲビア。

目のつけどころが違う。

こんなところで勉強とか瞑想とかしたら捗るんだろうな。

最近、ジョー・ゲビアのメディア露出がアメリカを中心として増えてきてるけど、こういった新しいことのPRをするためなんだろうね。

Airbnbくらいのすごい会社がようやく大きな新しいプロジェクトをするわけだから、これからのAirbnbやジョー・ケビアに注目ですね。

地上波が放送

8月4日、NHKEテレでジョー・ゲビアが取り上げれます。

内容はこんな感じ。

スーパープレゼンテーション「世界的“民泊”仲介サイト誕生秘話」
2016年8月4日(木) 23時00分~23時25分 の放送内容

住宅の空き部屋などを有料で貸し出す“民泊”。インターネットを使った世界的民泊仲介サービスの創業者の1人、ジョー・ゲビアが事業立ち上げの一部始終を語る。
番組内容
住宅の空き部屋などを有料で貸し出す“民泊”。インターネットを使った世界的民泊仲介サービスの創業者の1人、ジョー・ゲビアが事業立ち上げの一部始終を語る。美術大学を卒業したばかりの若者が、このサービスを始めたきっかけとは? 得意の「デザイン」を巧みに利用し事業を軌道に乗せた秘けつとは? 「知らない人は危険」という人々の先入観を変えた秘策とは? いま注目される“シェアリングエコノミー”の最前線。

ジョー・ゲビアは面白い人なので見てみてはいかがでしょうか??

以下のリンクににジョー・ケビアやAIrbnbなどにかんする関連記事をまとめています。

興味があるかたは、見てみてください

シェアリングエコノミー・Airbnb関連記事一覧

シェアリング・エコノミーーーUber、Airbnbが変えた世界【電子書籍】[ 宮崎康二 ]

価格:1,728円
(2016/8/4 17:59時点)
感想(1件)

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク