「You Tuber専門学校」に僕が思うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会の変化を感じる

これを聞いた時一番思ったことが、社会の変化を感じたこと。

今の小学生や中学生の中で徐々にではあるが、YouTuberになりたい人が増えている。

まあ、大人は社会から逃げたい人がなりたいのがYouYuberになりたいと思っているだろう。

たしかにそうかもしれないね。

でも、これからは社会が変わっていくんだよね。

いずれ社会も求めるようになる

でも、YouTuberってこれから社会は求めるようになるよね。

エンジニアみたいに。

今の動画ってニッチなイメージがあるけど、動画の市場っていうのは広まっていく。

しかも、動画っていうのは感性が求められる分野。

ブロガーよりも価値が出てくると思う。

文字を書くのってある程度やれば出来るようにはなるけど、動画ってセンスそのものだからね。

ノウハウもかなり重要になってくる。

今は、動画って大手しか手を出せない分野だったりするけど、これからどんどん広がってくる。

それを新卒学生が出来たらかなりの低コストで動画が作れるから、企業は求めるようになるんだろうね。

YouTubeが無くなったら終わりだというが

ネットで上がっていた意見がYouYubeが無くなったら終わりだっていうのがあったけど、そんな単純なものじゃないよね。

時代が求めているから。

mixiが無くなってもfacebookが出てきたみたいに、新しい物が出てくる。

どんな形かはわからないけど、YouTubeのノウハウはそこでも生きてくる。

かりに生きないとしても、低コストで動画を作れる能力は企業からしたら魅力的なものだよね。

先生が重要

結局YouTuber専門学校の成功は、先生にかかっていると思う。

専門学校で学んだことをいかにノウハウ化をして生徒に教えるか。

ここにかかってくる。

これってけっこう難しいと思うんだよね。

これに、失敗したらなにも学べないで卒業してしまう。

特にYouTubeは再生回数が出てしまうから、成果を出したか出せていないか一目瞭然だからね。

先生がよければ、生徒はいいYouTuberになれるから企業は求める。

当然、独立もできる。

一方で、先生がダメだったらノウハウ化ができないから、一部の生徒以外は大変な目に合う。

いずれにしろYouTuber専門学校は面白い取り組みだと思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク