考えられなくなった「日本人」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考えられない人って多いよね。

感情論でさ。

でも、それってまずいんじゃないかな??

勉強しなさいという親

勉強しないとする子どもに対してよく親が言う言葉。

「勉強しなさい」

「宿題やったの??」

こうやって子どものやる気は削がれていく。

自主性が失われていく。

そんなこと言ったって、やるはずないのにね。

自分が子どものとき、それでやる気になったの??

って話だよね。

Aという行動をしたいときに、Aをやりなさいという。

単純。

なにも考えていない。

相手がどう思うか。

そんなの言葉で言わなくても、親が楽しそうに勉強してたら子どもは勉強をするようになる。

それでも、やらなかったら違う行動を色々試してみればいい。

これをするだけで、子どもは変わる。

でも、それをやらない。

子どもの勉強のさせかたを学ぼうとしない。

それじゃあ、子どもは育たない。

安定志向

今の日本人の典型なのが、安定志向。

とりあえず、大手に行って正社員であればいいと思っている。

でも、大手だから安定っていうのは、間違えだよね。

というより甘い。

昔の人気企業の多くが衰退している。

それもひどくね。

今の人気企業ランキングは、これから衰退する企業を表している場合が多いんだよね。

ようするに、ピーク。

これから落ちていく企業に入ってもリストラの恐怖を味わうだけ。

しかも、これからは人工知能に仕事を取られていくから、とりあえず企業で働いておけばいいと考えている人は完璧アウトだよね。

そういった人から失業していく。

お金の考え方もそう。

今の人は貯金ばかりしているけど、これは危ない。

まあ、貯金が危ないのではなくて、日本円だけを持っているのが危ない。

これだけ不安定な世の中なんだから、ちょっとしたことで、暴落するリスクもある。

一番安定する方法は、円だけではなくてドルとか他国の金融資産とか、金とかのものとか均等に配分するのが一番安定する。

円が危ないのではなくて、円一つしか持たないのはかなりリスクだということ。

ドルだけでも危ないし、ユーロだけでも危ない。

安定志向のわりには、安定できる選択肢を取っていない。

というより、考えていない。

まとめ

大事なことは本質を考えること。

情報をうのみにしないこと。

なにも考えてない人が情報を流して、それが全てだと思い込む。

そういったことが世の中には溢れいる。

もっと本質を考えて生きてほしいですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク