テクノロジーは格差を生み出す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

世の中を便利にしてきたテクノロジー。

携帯電話にインターネット。

今では、これなしに暮らしていけなくなった。

これが上手く機能しなくなったら、もはや社会混乱が起こるよね。

でも、実はテクノロジーっていいことだけじゃないんだよね。

テクノロジーは人がいらなくなる

テクノロジーによって人がいらなくなります。

例えば、郵便。

昔は、手紙とか郵便局員が日本、世界各地を飛び回って配達していた。

でも、今は電話やメールがあるから配達の量が少なくなる。

駅での切符だって電子化されて、もともと働いていた人たちはいらなくなった。

意識しないと気づかないことだけど、こういったことが多々あるんだよね。

特にこれからはもの凄いスピードで進んでいく。

人がいらなくなるので、失業、賃金の低下をもたらします。

テクノロジーはたくさん儲かる

実は、テクノロジーはもの凄い儲かります。

もちろん、上手く行けばの話ですが。

基本的にIT企業は、労働集約型のビジネスではありません。

人が増えたら売上が増えるという仕組みではないのです。

なので、優秀な人達を集めればボロ儲けができてしまう。

IT企業の中では、営業利益率が50%を超えるところもあり、上手く行けばかなり儲かります。

その優秀な人達にたくさんの報酬を与えて、できるだけ人を雇わないようにする。

これがIT企業の基本的戦略です。

例えば、グーグルなどの世界的に有名なIT企業は、新卒の学生に2,000万円のオファーを出すこともあります。

格差は広がっていく

テクノロジーによって人がいらなくなり、テクノロジーを使う企業もできるだけ人を雇わないで、優秀な人にたくさんの報酬を与えます。

製造業の発展は国全体を豊かにしますが、テクノロジーは一部の人が儲ける仕組みなのです。

考え方そのものを変えないといけない

10年後に今の仕事の約50%の仕事がなくなると言われていますが、今の資本主義の仕組みを続けると信じられないくらいの格差が広がります。

失業が社会問題化して社会制度そのものが崩壊する日も来るかもしれません。

私の持論としては、ベーシックインカムを導入することが一番の解決の道だとは思います。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク