世の中で流行ってる時点で「古い」と思ったほうがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

世の中では流行りってありますよね。

今でいうと

「シェアリングエコノミー」

「fintech」

あたりでしょうか。

シェアリングエコノミーが流行る6つの理由

シェアリングエコノミーでは、メルカリやエニタイムズなどCMや報道番組で度々見るようになりました。

他には「youtube」とかでしょうか。

「You Tuber専門学校」に僕が思うこと

最近では、youtube専門学校が出来たと話題になりましたね。

でも、流行っている時点でそのビジネスは古いと思ったほうがいいでしょう。

その理由をご紹介します。

流行っている時点で市場は先に取られている

流行っている最先端のビジネス。

最初知ったときには、かなり早い時期に知れて得したと思っていることでしょう。

でも、自分が知っている情報は既に有名になってしまっていることが多くあります。

そこで新たに情報を仕入れて、ビジネスを始めようとしても、そこには色々な人が参入しています。

流行っていると感じた時点で、参入は既に難しいと考えるのが妥当でしょう。

ノウハウがあればその類ではない

ただ、ノウハウがあれば問題ないでしょう。

僕は成功者が多く出た、「ブログ」でビジネスを始めました。

その理由は、ノウハウがあるからなんですね。

前職で、オウンドメディアの運営をやっていたので、ブログ運営の難しさから、ノウハウまで様々なことを知っていました。

その上で、起業することがメリットであると判断して、今に至ります。

ノウハウを持っていれば、市場を取られていても巻き返しが可能です。

また、マーケティングを工夫すれば、質が高いサービスが提供できなくてもビジネスの成功は

最先端ビジネスを使ってみる

起業に大事な要素の1つが、情報収集能力です。

新しいサービスをまず使ってみましょう。

新しいサービスを使うことで、新しいビジネスモデルを学ぶことが出来ます。

また、そのサービスを使うような人は、面白い人が多いのでその人たちと交流するだけでたくさんの学びがあるでしょう。

おすすめのサービスは、クラウドワークス
やエニタイムズ、エアークローゼット などでしょうか。

たくさんの発見があるはずです。




この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク