「意識高い系」学生が抱えている途方もなく大きな「不安」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

学生において大きな難関が就職活動。

そして、どんな人でも大きな不安を感じている。

それには、教育が大きな問題がある。

日本の教育ではなんのために

「生きる」

のか、なんのために

「働く」

のかを一切教えてこなかった。

働く意味もわからない学生にとって、就職活動、働くことに対する大きな不安を持つことになる。

頑張ることが大事だという誤った教育

日本の教育で重んじられるのが、頑張れる人を育てることにある。

だから、

「頑張る人が馬鹿を見ない」

ようなことを考えて、子どもをしつけるようになる。

ここに大きな欠陥がある。

「考えない人間が育つ」

頑張る人が馬鹿を見ないってことは、頑張れば報われるということ。

頑張れば報われるんだから、考える必要が無い。

むしろ、考えることは「頑張らない」ための理由付けにされるから怒られたりもする。

考えない癖がついた人は、就職活動で大きな壁にぶち当たる。

就職活動は頑張れば報われるもでもないし、現実社会でも頑張れば報われるものでもない。

とっくにそんな時代は終わっている。

考えられない子どもは、働くことにかんしても不安をもつ。

「どの分野で生きていこう」

「どうしたら、安定できるのか」

就活も働くことに対しても大きな不安を感じる。

大きな不安を感じた学生は「意識高い系」と、「就活逃避系」の2種類に分かれることになる。

意識高い系と就活逃避系は全く違うものだと思うかもしれないけど、本質的には一緒なんだよね。

不安から逃げる就活逃避系

就活で最も多く、うまくいかないのが就活逃避系。

この就活逃避系は、就活解禁日かそれ以降に動き出す人のことを指す。

就活、社会人になることが嫌でしょうがない。

考えたくない。

だから、就活も始めないし、考えもしない。

大きな不安を抱えているんだけど、それを考えないように逃避しれているのが就活逃避系。

不安をごまかす意識高い系

意識高い系は意識が高いけど、特にやりたいことがない人のことを指す。

意識高い系ががよく言う言葉は、「イノベーション」や「PDCAサイクル」など抽象的な横文字。

そして「成長」。

成長したいと思うのは、不安の裏返し。

今の自分では社会に通用しないんじゃないかという怖さが自分を襲っているが、成長によって、大きなことを描くことによって、不安をカモフラージュしている。

だから、具体性にも欠けるし、虚しさも感じられちゃう。

本質的には意識高い系も就活逃避系も変わらない。

大事なのは「生き方を考えること」

学生が今まで考えてこなかったこと。

それは生き方。

「なんのために生きるのか??」

「なんのために働くのか??」

これが見つかれば不安はなくなる。

人の不安は、人生が充実しないんじゃないかという疑いがあると起こるもの。

自分の生きる意味が見つかれば、不安はなくなる。

無駄な「成長」を追い求めなくなる。

成長は目的ではなくて手段。

就活をきになんのために生きるのか。

考えてみよう。

これが生きる上でめちゃくちゃ大事なこと。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク