起業をしたいなら「スタートアップ」に入社するべき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

起業したい。

最近の学生に増えているよね。

起業するならベンチャーだとか、人脈作るために大手に行くとかあるけど、僕はスタートアップに入社すべきだと思う。

起業家に必要なのが意思決定の質

起業家、経営者に求めれるもの。

意思決定の質。

スタートアップにはあまりにも多くの問題点がある。

例えば、上手く行かないことを続けるかどうか。

これがけっこう大事。

スタートアップが行うことは基本的に失敗する。

それを続けることによって成果が出る。

一方で、いくら続けても成果が出ないものがある。

この意思決定がその会社が上手くいくか決まる。

これをスタートアップにいる人は全て見れるわけだ。

これは起業するにおいて大きなアドバンテージになる。

組織の作り方がわかる

組織の作り方。

どのタイプの人を採用すべきか。

問題がある社員を怒るべきか。

スタートアップにいる社員、アルバイトというのはやっぱり一癖も二癖もある人。

自分でやりたいという思いが強い。

プライドが高い人が多いから組織が壊れることも多々ある。

組織の問題がたくさん起こるのだが、スタートアップで働いていれば、気をつけないければならないところがわかる。

大変さを理解しているのは大きい

起業は大変だ。

これってどんな人でも理解していると思う。

でも、今まで起業したことがない人はどこが大変かを理解していない。

スタートアップで働けば、どこがどのように大変なのか見えてくる。

大変なことをどうやって対処しているかもある程度わかる。

これは大きなこと。

人脈は学生時代に作れ

起業に必要とされるのが人脈。

たしかに、スタートアップでの採用がほとんどが、自分の知り合いか知り合いの紹介になるから人脈はあったほうがいい。

でも、それって学生時代に十分作れる。

まず、就活。

就活を頑張っている人の多くは、起業願望もしくは、ベンチャーに入りたい願望があるから、こういった人たちは起業するときに役に立つ。

他にも学生団体とか、あとは社会人にアポとって会いに行けばいい。

起業したいんだったら、学生のうちに人脈を作っておけばいい。

おすすめのスタートアップ

まずは、キュレーションメディア系。

今ってキュレーションメディア全盛期だから、ここで学べると面白いと思う。

あとは、資金調達をしているスタートアップ。

資金調達をしているってことは、これから大きく動き出して行く。

それに、そのスタートアップが有名になる可能性があるから、そうなると色んな面でメリットがあるよね、

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク