なんで企業は「クラウドソーシング」を使わないのか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから

最近当たり前となった「クラウドソーシング」という言葉。

IT界隈の企業はどの企業も使っていると思う。

だが、IT以外の企業で使っているケースをあまり見かけない。

使い方によっては圧倒的なコスト削減になるのに、それでも使わない。

なんでなんだろう??

圧倒的に買い叩かれている現実

クラウドソーシングってカッコいいっていうイメージがあるよね。

確かに一部のエンジニアはそうかもしれない。

でも、現実には真逆の現象も起きている。

びっくりするくらい安い報酬で働いている人もいる。

それは、ライター。

キュレーションメディアやオウンドメディアの生地が発注されている。

もちろん、その人の能力とかにもよるんだけど、2000字500円くらいで発注できたりもする。

クラウドソーシングを頼めば、1記事数百円で書いてくれるのだ。

記事のクオリティーも悪くはない。

おそらく、ライターさんは時給100円から500円くらいで働いている。

それでも、ライターさんは喜んで仕事をしてくれる。

なぜかって??

それはライターの多くが地方のママさんたちだからなんだよね。

地方のママさんは、仕事がない。

その状況では低賃金でも仕事が出来ることはありがたいことなんだよね。

しかも、クラウドソーシングのライティングってたくさんの分野で仕事が発注されているから、自分の好きな分野で仕事ができる。

だから、クラウドソーシングでの仕事は面白から低賃金でも喜んでやってくれる。

基本的にライターさんは自分の得意分野で仕事をしてくれるから、意外と詳しく書いてくれてたりもする。

質が高い場合もあるんだよね。

圧倒的な安い賃金で働いてくれるのに、使わないのはもったいないとしか言えないよね。

クラウドワークスがおすすめ

クラウドソーシングには色々あるけど、クラウドワークスがおすすめかな。



クラウドワークスは、会員数が最大クラス。

あとは、ランサーズとクラウドワークスが比較されるんだけど、クラウドワークスのほうがライターの質が高い。

他にも、クラウドワークスは手数料が無料だから、手数料の分を安く仕事を受けてくれる。

今日を持った人は以下から登録して使ってみてください!

【クラウドワークス】

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

notoya

新卒入社した企業でオウンドメディアを5カ月で8000PVから20万PVに伸ばす。 アフィリエイターとして独立をして、立ち上げ5カ月で37万PV。 今はwebマーケティングのコンサルをしていて、クライアントのニーズに合わせて、戦略立案から運用、仕組み化まで幅広く対応。 特に、コンテンツマーケティング、スタートアップは得意分野です。 ご相談は こちらから
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク