非効率都市東京について思うこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業の中心東京。

東京には人、モノ、金、情報とあらゆるものが集まっている。

でも、それだけ集まっているのに、効率的に使えていないのが今の東京だと思う。

満員電車

毎朝早く起きての通勤。

そして、満員電車で疲弊する。

仕事に関係ない満員電車で疲弊してしまう。

わざわざ、9時前後の出社にする必要があるのだろうか??

仕事上仕方ない人もいるだろうが、多くの場合は移さない。

そっちのほうがマネジメントをしやすいからそうしてるんだろうけど、正直経営陣の怠慢だとしか思えない。

もし、違う制度にして上手く行けば、かなりの業績が上がるはず。

その企業の風土に合う合わないがあると思うから、色々試しながら制度を作っていけばいい。

社員にたくさん働くことを求めてるくせに、社員の生産性を上げる取り組みをしないのは、おかしいと思う。

それに加え、通勤時間。

平均の片道1時間だとして往復2時間。

これを月20日と換算すると、40時間。

1月で1週間分を無駄にしてることになる。

この時間があればどれだけのことに費やせるのだろうか。

無駄な24時間営業

都市部、特に東京に多い24時間営業。

コンビニや牛丼屋。

牛丼屋が24時間営業をやる必要があるのだろうか??

それによって、ブラック企業やブラックバイトが増えて、国民が疲弊していく。

バイトや社員が疲弊してもなお、利益を求める必要があるのだろうか。

24時間営業にしなくても、利益を出る構造にしないといけないと思うが。

花粉症

もはや、国民病というべき花粉症。

この花粉症ってかなり首都圏に住んでいる人の生産性を下げていると思う。

それなのに、なぜスギやヒノキを切らないのか??

スギやヒノキを切って新しい木を植えればいいじゃないか。

これは、行政の怠慢。

まあ、花粉症ビジネスによって儲かる人がいるから、切れないって勝手に思っているが。

特段難しくない、スギやヒノキを切ることすらできない東京ってどうなのかって思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク