「大衆迎合社会」はデメリットしかない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大衆社会。

今の日本に言えること。

テレビなどの大手メディアは、クレームを受けないようなテレビ作りをしている。

異常に気にしている。

そして、権力追従の姿勢が凄い。

メディアは電通の悪口を言えない。

【報道のタブー】オリンピックの賄賂疑惑で「電通」が意図的に抜かれる

東電の悪口を言えない。

安倍さんが消費増税延期をしたとたん、安倍批判がはじまる。

消費税増税しないのは、財務省に対する敵対行為。

権力追従のさいたるもの。

その割には、弱い者いじめが大好き。

落ち目のものは徹底的に叩く。

ベッキーにしかり、舛添要一にしかり。

こんなんだから、若者のテレビ離れが進む。

インターネット、スマートフォンに移行する。

これは、一般企業に言えること。

クレームに対して平謝り。

理不尽なクレーマーに対しても平謝り。

「大衆迎合」

悪いことをしていないならそういえばいいじゃないか。

これによって、クレーマーばかりが増えて、生きにくい世の中になる。

企業はしっかりとものを言って、それが間違っていたら責任者が責任を取る。

それくらいの気概がないとだめだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク