就職諦めても大丈夫!諦めた人におすすめの進路

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生や大学生に必ず訪れる試練が就職活動。

いきなり強みや弱み、そして志望動機を聞かれる。

自分のことを話したことがない就活生は緊張で全然答えられない。

ほとんどの就活生はこんな感じですし、僕も最初は自己紹介すらできないほどのありさまでした。

上手く話せない自分を責めて

「自分はだめな奴なんだ」

と自己嫌悪に陥る人も多くて、就活鬱になったりしてとにかく辛い。

でも、これってただ先生の言う通りに過ごすのが評価される教育制度があるからであって、いきなり「自分のことを話せ」と言われても話せるわけがないよね。

就職ができない理由

とはいえ、なんで私だけが就職が決まらないのでしょうか。

それには努力不足、情報不足、場数不足と様々な要因があるけど、1番の要因はコミュニケーションを苦手としていること。

人間には生まれつき持った才能があって、人によって違う。

コミュニケーションが得意だったり、地味で単調な作業が得意だったり、分析するのが得意だったり。

就職活動に入ってコミュニケーション能力がフォーカスされるけど、それってひとつの能力にすぎない。

コミュニケーション能力がある人は、逆に分析が苦手だったり、暗記するのが苦手だったりと必ず短所がある。

就職活動がうまくいかなくて、辛い思いもしているあなたでも長所はあります。

気づいていないだけで。

海を泳ぐ魚はめちゃくちゃ速く泳ぐのに、本人はそれが当たり前だと思っていて気づかない。

これがなかなか厄介。

話すのが苦手でもできる職業がある

コミュニケーションが苦手で上手く就職活動でアピールできない。

そんな辛い思いをしているあなたにもできる職業はあります。

例えば、システムエンジニア。

僕はIT業界にいるからわかるけど、システムエンジニアはコミュニケーションに難がある人がほんとに多い。

営業とか絶対にできない。

それでも、年収1000万円を超える人は普通にいる。

これを聞いて

「あんな難しいコードを見てるだけで頭痛くなるし、向いていないよ・・・」

って思うかもしれないけど、それは思い込み。

この記事を読んでいるあなただって、外国人からするとわけがわかない漢字をスラスラと読めているわけだから。

もちろん向き不向きはあるけど、それはやってみないとわからない。

世界では優秀な新卒エンジニアを年収2000万で雇うくらいになっているから、大金持ちになれる可能性もある。

もし、就職活動を諦めたいのであればシステムエンジニアの体験を受けて向き・不向きの判断をするのをおすすめします。

最近では、無料でコーディングを学べて就職支援してくれるProEngineerなんていうサービスも出てきたから一度体験に行ってもいいかもしれない。

エンジニア以外には、webデザイナーとかもいいかもしれないね。

webデザイナーはエンジニアと同様に人が足りていなくて、人材不足だし。

長所、好きなことを探し当てる

就職活動で辛い思いをしていて、やめたいのであれば長所、好きな仕事を探し当てましょう。

人には好きなこと、嫌いなことに差がある。

これは意外と知られていないんだけど、ある会社で嫌いな仕事を禁止してみたらなんと仕事は前より効率的に進んでかつ、やらない仕事は1つもなかったんだって。

僕からすると地味で単調な作業は絶対人はやりたがないと思うんだけど、それを好き好んでやろうとする人がいる。

人とのコミュニケーションが好きな人は、考えるのが苦手だったりする。

ほんとに自分の好きな仕事が見つかれば、人生も上手くいくだろうし、仕事も結果が出る。

周りの起業家で成功している人を見ても、好きなことを探し当ててそれで起業している人はうまくいっている。

就職活動を諦めるのであれば、全く動かないのではなく好きな仕事を探すために活動をしましょう。

 市場価値を考える

市場価値を考えましょう。

就職活動を諦めた人でありがちなのが、コンビニなど接客業をやること。

今は人手不足の産業なので、正社員雇用をしたいというニーズは高まっている。

ですが、コンビニなどの接客業はアルバイトなど誰でもできる仕事なので、賃金は上がらない。

また、IT化やロボット化で中長期的にはかなり厳しくなるでしょう。

今後の雇用の需給バランスを考えて、その上で好きなことを仕事にしていくといいでしょう。

市場価値を考えた場合は、webディレクター、webマーケター、webデザイナー、エンジニアなどのIT系人材。


就職活動を諦めたい人はコミュニケーションが苦手だと考えられるから、webエンジニアかデザイナーがおすすめでしょう。

また、ロボットの急速な普及により求められるのが、人間の温かみ。

そういった意味では、マッサージ師なども求められるかな。

AIがでてきて1番仕事がなくない職業にセラピストがあげられているし。

もし、セラピストになりたいのであればRe.Ra.Kuで研修を受けるのがいいと思う。

生きていくためのスキルをみにつける

就職活動に諦めた人、上手く行った人に関係なく生きていくためのスキルを身につけよう。

これからの時代は個の時代。

IT化、ロボット化によって単純作業の仕事がなくなっていく。

そして、労働集約型といわれる労働者数によって増えていく売上のモデルが崩れていく。

スキルを持っている人材を雇わないと企業の売上はあがらないのです。

逆に言えば、スキルを持っている人材が重宝される。

市場価値と好きな仕事を考えて、そのスキルを得られるような会社に入るか、自分でそのスキルをつけにいきましょう。

もし、それができれば幸せで充実した人生を送れるでしょう。

南国リゾートで働く?

就職諦めた人におすすめなのが、南国リゾートで働くこと。

これを聞いて

「そんなうまい話があるわけないじゃん」

って思うかもしれないけど、実はそんな話はあるんです。

リゾートバイトといって、南国などの優雅なリゾートで遊びながら働くことができる。

時給は低いんだけど、食事や宿泊費が出る場合が多いからかなりお金を稼ぐことができるんだよね。

リゾートバイトした人の中には2ヶ月で50万円を貯めた人もいるくらい。

就職を諦めたい人は頭の中が混乱していることが多いから、今いる場所から離れて自分のことを見つめてみるのもいいよ。

リゾートバイトの詳細はこちらから

やっぱり諦めたくない・・・

ここまで諦めても大丈夫な方法をご紹介してきたけど、やっぱり諦めたくないと思っている人もいるんじゃないかな。

なんだかんだいっても世間で思われている正解は就職だから、就職以外の選択肢をとるのっていうのは大変だからね。

周りからあれこれ言われてうるさいし。

諦めないで就職活動をするのも、1つの選択肢だからこれからでも受かる方法をご紹介していきます。

相談する

1つめが相談すること。

相談といっても相手によってその後の結果は大きく左右される。

就職活動がうまくいっている人はいい相談相手がいて、そこでブラッシュアップされるから内定という結果が出る。

就職活動のプロに相談するのが内定をもらうためのポイント。

キャリセンは5万人もの就活生の相談に乗ってるから、いいアドバイスをもらえると思うよ。

相談後の内定獲得数がかなり増えているみたいだし。

キャリセンの評判は?僕がおすすめする理由

就活イベントに参加する

2つ目が就活イベントに参加すること。

諦めたくなる人は気持ちが弱く面接回数が少ない傾向にある。

就職活動は自転車と一緒で何度も挑戦しないと上手くいかない。

小さい頃を思い出してほしんだけど、何度も何度も転んで自転車を乗れるようになったよね。

就職活動も何度も何度も転んだ先に、内定というゴールがある。

だから、挑戦することが必要なんだけど、それを効率的にできるのが就活イベント。

特に、経営者や人事のお偉いさんが出てくるようなイベントがおすすめでそういうイベントだと自分のことを評価してくれる企業を見つけることができる。

企業によって求める人物像が違っていて、今まで就職活動がうまくいかなった理由が相性が悪いというケースもある。

その相性を見極めるとという意味でも就活イベントって効率的なんだよね。

MeetsCompanyというイベントはたくさんの経営者に会えるよ。

まとめ

ここまで「就職諦めても大丈夫!諦めた人におすすめの進路」についてご紹介してきました。

これを読んでやっぱり就職活動を諦めたくないと思うのであれば、MeetsCompanyに行ってみるのがおすすめ。

いろんな会社に一度に会えるから、これからの人生設計をしやすいと思うよ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク