好きなことと儲かるもの。どっちを選ぶべきか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の2択。

好きなものをやるか。

儲かることをやるか。

好きなモノだと先行き不安だし、儲かることだと仕事が面白く無い。

こんなジレンマにはまる。

この2択の結論は簡単。

両方選べばいいじゃないか。

人にはやりたいことがいくつもある

どんな人にだって好きなことがある。

やりたいことがある。

それも、複数。

少なくても5個くらいはある。

それでも、

「いやーそんなに好きなことないよ」

って言う人は、自分のことが理解できていない。

人によって喜怒哀楽を感じるポイントが違う。

特に喜ぶにフォーカスして考えてみるといい。

「人を喜ばせる」ことに喜びを感じる人、「高い点数をとる」ことに喜びを感じる人。

人によって、喜ぶポイントが違う。

当然、楽しいポイントも違う。

そのポイントを見つけ出して、その特徴に当てはまる特徴の企業や業種を探してみる。

それが本当に自分にとってやりたいことか検証してみる。

すると、何個もやりたいことが出てくるはずだ。

それでも、出てこないっていうんだったら、自分のことを全然理解出来てない人。

好きなことのなかから儲かるものを探す

好きなモノが上がったら、そのなかから儲かるものを探すといい。

その探し方は、世の中の流れを読むこと。

例えば、インスタグラムがくるとかね。

そこからビジネスを探っていけばいい。

もしくは、そういった企業に入社すればいい。

世の中の流れに乗ってることをやっている企業はやっぱり面白い。

それに、そういった人は重宝される。

これから流れに乗るものを先乗りしてやるわけだから、その業界は人材不足。

しっかりと世の中の流れをよんで、そのことをやるとビックリするくらい話がくる。

興味を持たれる。

流れに乗るところは、儲かるところ。

それを探し当てれば、好きなこと儲かることを両立できる。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク