リスクのない起業の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業といえば、必ず連想するものがある。

それが、

リスク

そう。

必ず起業して失敗するリスクについて考えてしまう。

これは日本人の特性でもあって、日本人の98%が不安遺伝子を持っているのも影響しているよね。

ネガティブというか慎重というか。

これは災害が多い日本で住むには、不安、リスクについて考えるのは必要なんだけど、最も大事なことっていかにリスク回避をするかなんだよね。

リスクがあるのであれば、リスクを分解してどうやったらリスク回避できるかを考えないといけない。

これは、起業においても一緒。

起業はリスクなんだけど、リスク回避出来る方法っていくらでもあるんだよね。

転職先を決めておく

起業のリスクと言えば、失業してしまうこと。

もし、起業が失敗すれば、失業をしてしまう。

そうなる前に、転職先を探しておくのが必要。

転職の探し方の1つが友達だろう。

人事や経営者、そういった友達を片っ端から当たっておく。

最近では、起業に失敗した人を高く評価するような企業も増えてきているから、意外と転職先が見つかってしまうもの。

2つ目が、交流会を利用すること。

もしくはセミナー。

そういったところに顔を出しておいて、他の起業家と仲良くなっておこう。

起業家仲間になれるのはもちろんだし、起業に失敗した場合は、雇ってもらうor一緒に経営陣として働く。

これだけでもかなりのリスクヘッジになるよね。

3つ目が転職活動。

起業する前に転職活動をしておこう。

そして、「是非君に来て欲しい」っていう会社を起業前に作っておく。

起業に失敗したらうちにおいでって言われる転職活動者も増えているって聞くしね。

Switchに登録している企業は起業家に対する理解がある場合が多いよね。

ノウハウを身につけておく

起業する前にノウハウをつけておく。

これが重要だよね。

「〇〇が流行ってる」

なんて起業をしてしまうのは、かなりのリスク。

ノウハウのある分野でも失敗する人がいるのに、ノウハウのない分野で起業するとなると失敗するリスクは高くなるよね。

ノウハウを身につけるの方法は3つある。

1つめが、週末起業。

週末だけ試しにやってみること。

それで軌道に乗り始めた、ノウハウがわかっている段階で起業をすれば、だいぶリスクの軽減になる。

2つ目が、自分で学ぶこと。

本を読んだり、セミナーに出たりね。

ただ、この場合は「机上の空論」になることが多いから、それには注意をしないといけないよね。

3つ目が、転職。

実は、転職を1番勧めている。

起業したい分野と同じものもしくは、似ている分野の企業に転職をしてみよう。

これだけでも、起業して倒産するリスクがだいぶ減る。

だって、ノウハウがあるんだから。

僕は、Switchを使っての転職活動をおすすめしている。

いざとなった時に頼れる友達を作っておく

起業に限らず生きていく上で大事なことがこれだと思うんだよね。

日本人って

「人に迷惑をかけちゃいけない」

っていう教育を受けているから、人に頼ることを嫌う。

でも、いざとなった時に頼れる人を作っておくべきだと思うんだよね。

「困ったときはお互い様」

だよね。

これって、起業以外でも必要。

いつ入院生活になるかわからない、会社が倒産するかもしれない。

今ある安定っていうのは、いつ壊れるかわからい時代。

起業するしない以前に、リスクヘッジのためにも頼れる人間関係を作っておこう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク