プロブロガーになる「現実的」なステップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

プロブロガーののとやです。

プロブロガーって勝手に名乗ってみました笑

といっても、まだ月間PVが37万だからまだプロブロガーって名乗るには、PVが少ないかな。

まあ、すぐにプロブロガーって名乗れるくらいのPV数にはなると思う。

ブログ開始5ヶ月で月間37万PV達成!8月の日記。

まあそれは置いといて、プロブロガーになるには「プロ野球選手になるくらい難しい」とか「頑張ればなれる」とか色々な意見が流れてるけど、実際はどうなのって思う人が多いじゃないかな??

実際にはそうじゃなくて、プロブロガーになるのはそこまで難しくはないけど、ただ頑張るだけではなれないって感じだろうか。

今は、キュレーションメディアの全盛期で、4meee!やTABI LABO、Antenaやnanapiなどあげていくときりがないほどキュレーションメディアは儲かっている。

キュレーションメディアは、記事を書いてお金を稼ぐモデルだから、ブログを組織で稼ぐようなイメージ。

そのキュレーションメディアが数億〜数十億円で買収され、少なくても数百のキュレーションメディアが成功をおさめている。

ブログと似たようなビジネスモデルでやっているキュレーションメディアがこれだけ成功しているのに、プロブロガーがプロ野球選手のように難しいというのは説明がつかない。

といっても、プロブロガーに一般の人はなれない。

プロブロガーになってる人の多くは段階を踏んでいる。

例えば野球に例えてみよう。

段階を踏まないで、プロブロガーになろうとしている人は、練習をしないで試合で活躍しようとしているようなもの。

そりゃあ、打席に立ったて三振するし、ボールが飛んできたらエラーをする。

当たり前の話。

試合で活躍したければ練習をするし、プロブロガーになりたければ、そのためのステップを踏まないといけない。

プロブロガーになった人は、無意識、意識的にかかわらず、しっかりとしたステップを踏んでいる。

プロブロガーになるのを失敗した人は、ステップを踏まないでやろうとして、プロ野球選手になるくらい難しいと勘違いをしている。

プロブロガーになるために必要なステップを紹介したいと思います。

ブログを書く習慣をつけよう

プロブロガーになるための最初のステップは、ブロクを書く習慣をつけること。

週1回以上書けという人もいるが、それは本質的なことではない。

そうじゃなくて、日常にあった「面白かったこと」「変わったこと」「タメになったこと」があったときに、それをブログに書こうと思うような習慣をつけることが大事。

ブログと日常生活を関連付けられる人は、プロブロガーになる素質があるだろうし、ブログと日常を関連付けらない人は残念ながら、プロブロガーになる素質はないといえるだろう。

キュレーションメディアで働く

もし、あなたがスポーツの試合で本気で働きたいと思ったら、プロのコーチや専門家のもとでトレーニングを積みだろう。

それとプロブロガーは一緒。

記事作成して上手にいっているキュレーションメディアで働くべきだと思う。

ごくまれに、独学で上手くいく人もいるけど、この方法はあまりおすすめしない。

ブログの運営でうまくいくためには、いかにテクニックを覚えるか。

どうやったら、グーグルに好かれる文章を書けるか。

いかにバズる、ユーザーが好むような記事を書くのか。

やはり、それをやっているキュレーションメディアで働くのが1番だし、職種にもよるけどかなりのノウハウが身につくはず。

僕も、オウンドメディア(企業のブログのようなもの)を運営して、そうとうノウハウを学んだ。

キュレーションメディアに入っても、プロブロガーに向かない人もいるけど、それは働いてみればだいたい分かるもの。

だからこそ、僕はプロブロガーを目指すならキュレーションメディアに入って勉強すべきだと思う。

転職する方法は、Switchを使ってみること。

このSwitchには、多くのキュレーションメディアが登録していて、その企業からスカウトがくる。

スカウトがこなくても、自分からワンクリックに近いかたちで応募もできるから、転職活動もだいぶ楽にできると思う。

プロブロガーになりたいのであれば、これくらいは絶対すべきだと思う。

Switchの登録は以下のリンクをクリック。

Switch.



まとめ

ここまで、プロブロガーについてまとめてきました。

プロブロガーって夢みたいに思うかもしれませんが、夢の様は話ではないんだよね。

しっかりとしたステップを踏めば多くの人がプロブロガーになれる。

(向き不向きはあるが・・・)

もし、プロブロガーになりたいのであれば、プロブロガーを目指すべきだし、実際に行動を起こすべきだと思います。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク