オウンドメディアの役割。メリットとデメリットって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前辺りからマーケティングの世界でバズワードとなりつつあるオウンドメディア。

IT企業ではオウンドメディアの導入、または検討をするのは当たり前になりつつある。

オウンドメディアを導入している企業の中には、数百万PVまで伸ばしているとこもあれば、全然上手くいかない企業もある。

その理由はなぜなのでしょうか?

そもそもオウンドメディアとは

そもそもオウンドメディアはどうゆうものなのでしょうか?

オウンドメディアは、企業が持っているブログのことで、主にリードを獲得することを目的にしている。

もともと、企業はWEB広告に予算を投じて成功していたが、近年になり多くの企業が参入してCPA(費用対効果)が悪化してきた。

そんな背景もあって、広告予算を投下しなくてもよいオウンドメディアが注目されてきたわけです。

そんなオウンドメディアのメリットをご紹介したいと思います。

メリット

資産になる

オウンドメディアのメリットの1つめは何と言っても資産になるということ。

WEB広告だろうが、テレアポのような営業活動だろうが、新しくアポイント、リードを獲得するのには、お金がかかる。

一方でオウンドメディアは、一度更新をしてしまえばネット上にコンテンツが残るので、広告予算、営業活動を行わなくても勝手にアポイント、リードを獲得できてしまう。

将来に渡っての資産になるのはかなり大きい。

もちろん、オウンドメディアを作るのは簡単のことではないが、コストをかけるだけの価値はあると思う。

質の高いリードの確保

オウンドメディアは、テレアポ、WEB広告と比べて質の高いユーザー、リードを獲得できる。

テレアポで獲得した人や、WEB広告で獲得した人は、企業、サービスへの理解が浅くてなんとなく、申込みなどをしているから、熱意が低い人が多くなる傾向がある。

オウンドメディアは、しっかりと記事を読み込んで、サービスを理解して申し込み、資料請求してくる人が多い。

ここのリードの質がいいから、後のCVにつながり、多くの売上に貢献してくれる。

広告費0円でリードを確保できる

オウンドメディアのメリット3つ目が広告費0円で、ユーザーを獲得できること。

先程も述べた内容でもあるが、広告費0円で獲得できるのはかなり大きい。

テレアポにしろ、WEB広告にしろ、CMでも受け取る人はどんどん耐性をつけてうざったいものに変わってしまう。

年々費用対効果は悪化の一途をたどる。

そんな中でもオウンドメディアは、コンテンツの内容に興味がある人のみが、コンテンツにたどり着いて、申込みをしてくる。

PC、スマホというデバイスがなくならない限り、大きな資産としてあなたの会社を支えてくれるでしょう。

広告費高騰しても大丈夫

オウンドメディアのメリット4つ目が広告費が高騰しても大丈夫な点。

今、アベノミクスで景気がよくなっていて、どんどん広告費が高騰しているね。

この広告費の高騰に伴い、広告の費用対効果が悪化し苦しい戦いを強いられている企業って意外と多かったりする。

この広告費の高騰が続くと消耗戦になり、お金を持っている大企業が勝つような形になってしまう。

もし、あなたの企業が業界トップでないのであれば、オウンドメディアはやっておいたほうがいい。

もし、広告費での消耗戦になってしまったら、必ず負けてしまうからね。

デメリット

時間がかかる

今度はオウンドメディアのデメリット。

デメリット1つめが時間がかかるということ。

オウンドメディアの多くは検索流入を狙うことになるが、ここのおおもとであるグーグルに評価されるまでに時間がかかる。

平均半年はかかると思ったほうがいいだろう。

テレアポ、WEB広告と違い売上貢献するまでかなり時間がかかるから、上司を説得するもの大変だし、モチベーションの維持も大変。

根気よく、更新を続ける必要がある。

成功するかわからない

デメリットで1番大きいのが、成功するかわからないということ。

テレアポもWEB広告もいくら下手であってもある程度のアポイント、リード獲得することができる。

だが、オウンドメディアの場合は頑張っても上手くいかない場合は売上0になってしまう。

この成功するかわからないことが、オウンドメディア導入に二の足を踏ませる原因になっている。

そんなデメリットもあるオウンドメディアだが、今度は成果を出すための方法をご紹介する。

結果を出す方法

とにかく勉強

結果を出すにはとにかく勉強するしか無い。

ただ、漠然とやっていても間違いなく失敗するだろう。

オウンドメディア成功の鍵がグーグルなどの検索エンジンからの流入だが、グーグルはある一定の法則に従って、検索順位が決まるのでそのことを考えながら、ライティングを行う必要がある。

SEOライティングの方法を参考にするの1つの方法。

本でおすすめなのが、これ。


いずれにしても、SEOライティングについて勉強しないと成功できないでしょう。

経験者を連れてくる

勉強するのが面倒。

もしくは勉強してもわからないのであれば、メディア、オウンドメディアの経験がある人を連れてくるのも1つの方法。

スタートアップにいる僕が感じていることは、苦手すぎることは人に任せる重要性。

苦手なことも一生懸命やろうとすると、結果としてうまくいかない。

だから、外部の経験者を連れてきちゃいましょう。

「そんなこと言っても予算がない・・・」

って思っている人は多いと思うけど、正社員を雇う必要はありません。

パートタイムで雇ってみて、どうなるか見てみましょう。

これで、上手くいってる企業を僕は何社か知っています。

外注をする

外注するのも一つの手。

丸投げしちゃうのもいいし、コンテンツだけ外注するのもOK。

この外注は、商品単価が高いものであれば、尚おすすめする。

商品単価が高ければ、オウンドメディアから一人でも集客が出来れば大きな価値になるわけで、多くの予算を割いても外注する価値がある。

逆に、商品単価、サービス単価が低ければ、自社でオウンドメディアをやったほうがいいでしょう。

小さな予算で始める

オウンドメディアを始めるか悩んでいるのであれば、まずは小さな予算から始めてみましょう。

内製、外注問わずで。

オウンドメディアに成功するまでには、時間がかかります。

なので、週1本の更新という低予算でも少しずつ成果が出る場合もあります。

ということなので、小さな予算から始めてみましょう。

もしかしたら、大きな軸になるかもしれません。

オウンドメディアの成功例をご紹介

ここまでオウンドメディアのメリット、デメリットを紹介してきたけど、やっぱり気になるのが成功例。

オウンドメディアで成功している企業がビックリするほどのリードを獲得している。

ferret

オウンドメディアの成功例1つめがferret。

ferretはwebマーケティング支援をしている企業で、webマーケティングに役に立つ情報を掲載している。

ferretの会員数はなんと34.5万人にも及び、月間のリード獲得数も2016年の時点で1500件も獲得しているんだって。

webマーケティングについての質の高い状況を発信し続けていて、8割は検索からの流入になっている。

webマーケティングのオウンドメディアって競合がプロになるわけだから、日本でトップのオウンドメディアって言ってもいいかもしれないね。

ferretはこちらから

LISKUL

オウンドメディアの成功例2つ目がLISKUL。

LISKULは中小企業のwebマーケティング支援を行っている株式会社ソールドアウトが運営してるオウンドメディアで、ferretと同様にwebマーケティングの発信を行っている。

LISKULの強みはSEO

SNS流入は全くもって考えておらず、流入の多くが検索になっている。

SEOを学びたいのであれば、LISKULを見てみよう。

色んなヒントが得られるよ。

LISKULはこちらから

侍エンジニア塾ブログ

オウンドメディアの成功例3つ目が侍エンジニア塾ブログ。

侍エンジニア塾ブログはプログラミング塾をやっている株式会社侍によって運営されている。

かなりターゲット層が限られているプログラミングという分野でありながら、月間PVは100万を超える。

侍エンジニア塾ブログはデザインにもこだわっていて、非常に見やすい記事の内容になっているね。

侍エンジニア塾ブログはこちらから

オウンドメディアをやる余裕がないときの対処法

オウンドメディアはかなりおすすめなんだけど、お金や人手不足で出来ないーケースって多々あるよね。

そういったケースはアフィリエイト広告をやるのがおすすめ。

アフィリエイト広告は成果報酬型の広告で、ブロガーやアフィリエイターなどが紹介して、商品が売れたり資料請求などしたりすると報酬を支払う仕組み。

このアフィリエイト広告はwebマーケティングが強い企業はみんなやっているし、CPA(顧客獲得単価)をコントロールできるから、かなりおすすめしている。

オウンドメディアについて以下の記事で詳しく説明しています!

アフィリエイト広告とは!導入するメリット、デメリット!自動集客の仕組み

まとめ

ここまでオウンドメディアの役割、メリット、デメリットをご紹介してきました。

具体的なコンテンツの作り方は、次回の記事で配信します。

もし、コンテンツの作り方を知りたい人方は、このブログ「僕が起業した理由」のFacebookページにいいねをお願いします。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク