「目標」ってどうやって決めるの??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人には目標がある。

この目標の立て方で、人生は充実もするし、破滅に導く。

なんでも成し遂げちゃう人っていうけど、その人は目標の立て方が上手い。

目的と目標の違い

目的と目標の違い。

これを理解できていない人が多い。

これを間違えると目的も達成できないし、人生は壊れてしまう。

現代人にとって目的を持ってない人が多すぎる。

これは、生きる目的でも人生の目的でも。

自分が幸せであることを目的にする。

例えば、より多くに人を幸せにする。

世界を代表する企業を作るとかそんな感じ。

目的は曖昧のほうがいい。

目的は、長期的なものになるから、これが具体的だと後々大きな問題が起こる・

目標

目標は、目的を実現するためにある。

目標は具体的な数字を決めることが多いけど、具体的な数字を追い求めなくてもいいと思う。

人は、数字を追うとパフォーマンスがどうしても落ちるから。

方向性だけ決めればいい。

例えば、

「人脈を作る」

とか。

もし具体的な数字を目標で決めないとだらけるようだったら、目的の立て方が間違っている。

自分にとって本当に達成したいものだったら、数字に追われなくても人は努力する。

ようするに、世の中の多くの人は選んでいる職も、目的、目標の立て方を間違っている。

あとはやるべきことをやろう

目的と目標が決まったら、あとはやるべきことをやろう。

ちゃんとした、目的と目標を立てられたら、やるべきことは見えてると思う。

あとは、試行錯誤を繰り返す。

自分にあった探し方を見つける。

すると、気づいたら目的は達成されてる。

それも自分で頑張ってる感じがしなくても。

正しい目的と目標の立て方をすれば、楽しみながら目的が達成されちゃうんだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク