真面目とは!?なぜ真面目は「辛い」思いをしてモテないのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ブロガーのノトヤです。

日本人の多くに当てはまるのが真面目という言葉。

真面目はいいことではあるんだけど、色々な弊害が出てきてしまう。

モテないとかね。

余計なことを考えてしまい、スムーズにコミュニケーションがとれなくなり、苦手意識を持ってしまう。

そんな真面目君でも大丈夫!

適当力をみにつけることによって、辛い思いがどんどんなくなっていき、モテるようになっていきます。

この記事では真面目とはどういうものなのか、そして適当力をつけるとどんないいことがあるのかご紹介します。

真面目とは

よく日本語で使われる真面目という言葉ですが、真面目とはどういう意味があるのでしょうか?

真面目とはいい加減な所がなく真剣に物事に取り組むことをさします。

真剣に勉強に取り組んだり、人の話を真剣に聞いたりする人のことを真面目な人と呼びます。

真面目は褒め言葉ではない

真面目という言葉は肯定的と思いがちですが、実は褒め言葉ではありません。

当たり障りのない便利な言葉と捉えたほうがいいと思います。

褒めるところがないから真面目と言われる

子供にとっては真面目という言葉にはポジティブな意味が込められていることが多い。

教育では親や先生の言うことを従順に聞く真面目な子が理想的とされているからね。

でも、それは子供のときの話で思春期を越えたあたりから徐々に真面目という言葉には、裏の意味が込められるようになる。

つまらない奴」という意味が。

人は他人を評価するときに面白かったら面白い、頭がよかったら頭がいいというような評価をする。

その一方で、真面目に限っては他に褒めることがないから、当たり障りのない真面目という言葉で評価するようになる。

真面目に仕事や勉強に取り組むのはいいことではあるが、周りの人からするとつまらない人になる。

真面目という評価をされると悪い気持ちはしないが、深層心理につまらない奴だという評価をされていることを意識しないといけない。

真面目な人はモテない

真面目な人はモテない確率が高い。

一緒にいて面白くない

真面目な人といても女子としては面白くないというのが率直な感想なんだよね。

女の子は男以上に沈黙を嫌い、雰囲気を重視する。

その上、真面目な人は女の子と話すときに緊張するから、女の子も緊張してしまい、気まずい感じになる。

重たい雰囲気になり2人でいたくないというのが女の子の本音です。

真面目で誠実な人が好きは建前?

女性は男性のタイプを真面目で誠実な好きな男性が好きという。

でも、これはあくまで前提条件をクリアしたときの話。

女性には男性と違い、大きな警戒心というものがある。

男は力があるし、自分が出産しないから気楽なものだけど、女性は逃げたいときに力で勝てなかったり、出産して子育てしないといけなかったりする。

女性の方が男性と比べてリスクが桁違いに高くて、それが女性の警戒心となって現れる。

その警戒心が解けていない男性がいくら真面目で誠実であっても、好きになることはない。

この女性の警戒心を解くのは、女性をいかに笑わせられて楽しい想いをさせられるか

この警戒心が解けたときに初めて、真面目で誠実で好きだなとなるわけであって、ここの警戒心を解くことができれければ、モテることはない。

警戒心を解くのが苦手な真面目くんはモテないし、警戒心をとくのが比較的な上手な適当力がある人はモテるという現象が起こってくる。

真面目は社会に出て活躍しない

正解がない社会人生活

勉強では真面目に勉学に励む学生が優秀とされてきた。

でも、社会に出てからは違う。

社会での仕事は模範回答があるわけではなく、自分で正解を作っていかないといけない。

その正解を探す作業においては、真面目にやれば見つかるというわけでもない。

むしろ、真面目にやることによってうまくいかず、ドツボにはまることもある。

社会に出て大事なのは要領のよさで、真面目な人はこの視点が抜けてしまう。

自分一人で解決しようとする

真面目な人は自分一人で全て解決しようとしてしまう。

自分一人で解決しようとすると、長い時間をかけて課題を終えるか、できないままでそのまま進むことになる。

どちらにしてもあまり望ましい結果とはいえないし、人の力を頼れれば、その課題は一瞬にして終わることもある。

自分一人で解決しようとするのは、自分の力を過信しすぎたと思うんだよね。

あなたがどんなに優秀だとしても、所詮は人間だからできることは限られている。

それも思っているよりずっとね。

自分一人で解決しようとするのではなく、いろんな人を頼って問題解決をしていこう。

仕事が遅い

真面目な人は仕事が遅い。

なんでもかんでも100%のできを求めてしまい、無駄な仕事も多くやるようになる。

仕事においても労働のコストパフォーマンスを考えるのは非常に重要で、重要でないところに時間をかけるのはムダだ。

一方で、適当力のある人は70%のできでフィードバックをもらいながら、成長をしていく。

質の低いものを人に見せたくないという気持ちもわからなくはないが、質がよくないもでのも「ここまでできたのですが、これ大丈夫ですか?」とフィードバックをもらいにいこう。

怒られたら怒られてそこを直せばいいわけだし、怒られてもしょうがないと思えるくらいの適当力は必要になってくるよね。

失敗することで成長する

仕事において一番重要なのが、失敗する事。

失敗する事によって、様々な気づきを得て成長をしていく。

数々の世界的な大企業を輩出しているアメリカのシリコンバレーでは、失敗が評価される文化があり、たとえ起業に失敗したとしてもそれは評価の対象になる。

そんな考え方もあり、たくさんの人が起業をしてappleの創業者スティーブ・ジョブズやfacebook創業者マーク・ザッカーバーグなど世界的起業家を輩出してきている。

失敗は成長していく上でとにかく重要なのだが、真面目な人はこの失敗を極度に恐れてしまう。

そのことにより、成長スピードはかなり遅れていく。

ビジネスで成功している人のほとんどは失敗により改善していく失敗力が非常に高い。

その失敗力のつけかたについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味ある方は見てみてください。

失敗とは!?失敗力をつけると急成長していく

真面目に必要な適当力

コミュニケーション能力が高い

適当力が高い人はコミュニケーション能力が高い傾向にある。

コミュニケーションはとにかく数。

適当力がある人はとりあえず話しかけることによって、コミュニケーションをとりけど、真面目な人は「話しかけていいのかな?」とか「嫌われたらどうしよう?」とか余計なことを考えて、行動をしなくなってなってしまう。

適当力がある人は数をこなすことによって、コミュニケーション能力は向上していくんだよね。

人を頼ることができる

適当力がある人は人を頼ることができる。

真面目な人はなにか問題が起こっても全て自分の責任にして、他の人に迷惑をかけたくないと思って自分一人で対処しようとする。

だから問題解決のスピードが遅くなり、仕事のスピードも遅くなる。

適当力がある人は他の人を頼り、アドバイスをもらってスピーディーに問題対処をする。

人を頼ることができるようになれば、仕事のスピードも上がっていく。

成長が早い

適当力がある人はとにかく成長が早い。

ビジネスの世界ではよくPDCAサイクルを早く回すことが重要だっていうけど、このPDCAサイクルを早く回すことができるんだよね。

特に、PDCAサイクルで一番重要なD、行動をたくさんすることができるから、たくさんの失敗をして成長することができる

また、適当力がある人は上司に対してたくさんの質問をしてフィードバックをもらい、成長していく。

フィードバックは自分のできていないことを知れる貴重な機会だから、このフィードバックをたくさんもらいにいくことができれば、その人は早く成長していく。

適当力については以下の記事で詳しく書いているので、適当力に興味を持った方は見てみてください!

ビジネスに必要不可欠な「適当力」

真面目にプラスaをつけよう

真面目くんにとって厳しい現実をここまで書いてきました。

でも、真面目自体は悪いことではないんだよね。

真面目に付随している特徴が厳しい現実を作ってしまっている。

真面目にプラスaで優秀と言われる能力をつけてみたり、面白くなったりしてみよう。

これを聞いて無理と思う人も多いと思うけど、面白さも優秀さも後天的につくものだから、頑張ってほしい。

まとめ

ここまで真面目とはなぜ真面目は「辛い」想いをしてモテないのかについてご紹介してきました。

真面目な人は失敗を恐れるから、どうしても成長スピードが遅くなるんだよね。

失敗を恐れずに様々なことにチャレンジしてみよう。

すると、自分でもビックリするくらい大きなことを成し遂げてると思うよ。

真面目自体は悪いことではないからね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク