学生の目は「イキイキ」して社会人の目は「死んでいる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生は希望に満ちている。

学生団体に就職活動。

学生はおのおの夢や希望を語る。

そう語っているが・・・

社会人になると皆、目が死んでいる。

あれだけ、夢や希望に向かってエネルギッシュに活動していたのに。

こんな社会のままで日本はいいのだろうか??

いつだって社会を動かすのは、若者。

社会をよくするのは、若者の力が不可欠。

今の社会構造は、若者のパワーを奪うような社会構造になっている。

もっと若者に任せればいいじゃないか。

失敗したっていいじゃないか。

その若者達が国、企業の活力になる。

若者ももっと挑戦しよう。

今の会社でイキイキ働けないなら、イキイキ働ける会社を作ればいいじゃないか。

若者がたくさん挑戦して、成功も失敗もすれば、自然とイキイキと働ける社会になる。

死んだ目をしている社会人を、イキイキした目をした社会人にしないといけないよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク