自分で船を作るか。他人が作った船に乗るか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人は、他の人が作った会社っていう船に乗っている。

あなたたちは、その船の乗組員。

乗組員なんだから船長の言うことを聞かないといけない。

行き先も決められない。

船の行き先は、船長が決める。

だから、あなたの運命は他人が決める。

漂流したって文句は言えない。

一方で、自分で船を作る人たちがいる。

起業家達だ。

この起業家たちは、自分が船長だから行き先だって決められる。

大きな船にするか、小さい船にするか。

起業家たちは自由。

ロマンがある。

他人の船に乗っている人は、こう思う。

「自分で船を作るなんて危険だ。」

と。

でも、これって船をつくるノウハウがあれば、他の船より丈夫な船を作ることだって可能だよね。

それに、他の人が作った船に乗っている会社員たちはどれだけ、その船にガタがきているかわからない。

既に、その船が古くなっていて沈没寸前になっている場合も多い。

今は、日本の船の多くがガタがきているのに、その船に乗ろうとする。

とりあえず、大きな船に乗っていれば安全だっていう宗教。

あなたが、安定した人生を歩みたいなら、大きな船に乗るんじゃなくて、造船技術と天気予報を学べばいい。

これを実生活に例えるなら、ビジネススキルと世の中の潮流。

この2つを身につけると、安定した人生を送れる。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク