なぜ若者は「草食系男子」になってしまうのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近叫ばれているのが、男の「草食化」

恋愛に興味が無いとか、行動を起こさないのが草食系の特徴。

草食系と見せかけて肉食系のロールキャベツ系と言われる種別が出来てきている。

それは、なぜなんだろうか??

サラリーマン化が大きな原因

最近の多くの男性がサラリーマンとなり、会社で勤めている。

これが主たる原因でしょう。

「えっ、サラリーマンになったからって草食化しないでしょ」

って思うかも知れないけどそうじゃない。

これは、サラリーマンの親を持つ子どもに影響を与える。

日本のサラリーマンは、なぜか仕事重視だ。

雇われてるんだから必要最低限の働きでいいのに。

それで、お父さんは仕事で遅くまで帰ってこない。

子どもは、お父さんを見本にして育つわけだからその見本がいないのは相当大きな影響を子どもに与える。

父親の威厳も、女性との接し方もわからない。

夫婦間の関係を見て、子どもは女性との接し方を覚えていくんだよね。

それを見てると、男は女を引っ張っていかないといけないと思うようになる。

男は強くなければと思うようになる。

すると、昔の日本男子のような男の子が育ち、女性を引っ張る男性が育つ。

よくも悪くもね。

サラリーマン化が女性に与える影響

サラリーマン化によって男性は育児により関わらなくなった。

昔は、なにかあるとお父さんが怒り、しつけていた。

イメージで言うとサザエさんの波平のようなもの。

お母さんは、子どもに無条件の愛情を注いだ。

これは、「船」みたいなものだろう。

それによって、男らしさ、女らしさが育っていった。

でも、今のお母さんはしつけまで求められるようになったんだよね。

それによって、お母さんはたくましくなる必要がある。

女性は母性よりもたくましさが求められるようになり、男性的な女性が増えてきている。

働き過ぎが原因

今までの日本は、とにかくがむしゃらに働いてきた。

それによって経済的に豊かになってきた。

でも、心が貧しくなってきている。

人の幸せは心が豊かになって、得られるもの。

ただ働くのではなくて、なんのために働くか考えながら生きていきたいですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク