「成長第一主義」はやめにしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはびこっている成長しなきゃという価値観。

国単位で見てもデフレで、少子高齢化。

成長しないと、高齢者を支えられないと言う。

個人単位で見ても、真の安定は成長といい、成長史観に突き進む。

でも、成長第一主義って古いと思うんだよね。

「成長したい」は自己否定からくるもの

「成長したい」

この気持ちは誰しも持っているもの。

「成長したい」って思いが伝わってくると、モチベーションが高いって評価される。

でも、本当のところは違っている。

それは、成長したいって気持ちは今の自分を否定しているから生まれてくる。

「周りと比べたらまだまだ」

とか、

「まだ新人だからなにもできない」

とか、自分では気づいていないけど、自分を否定している。

だって、今の自分の能力が高いと思ってれば成長したいとは思わないんだよね。

希望が人を幸せにする

では、成長以外で人を突き動かすものはないか??

それは、希望。

全国制覇したいとか、ワールドカップに出たいとか経営者で成功したいとか。

夢だよね。

希望はポジティブな感情から生まれる。

だから、努力も辛くない。

希望はありとあらゆるものを引き寄せる。

人、モノ、金、情報などなど。

仮にかなわないとしても。希望は希望として残りつける。

大事なのはではなく「生き方」

人として大事なのは、生き方であり死に方でもある。

なんのために生きているか??

これを考えれば、おのずとやるべきことは見えてくる。

あとは、理想の死に方を考えてみよう。

「なに言ってるの??俺まだ死なないし」

って思うかもしれないけど、そうじゃない。

生があるもには死がある。

始まりがあるものには終わりがある。

そして、人類にとって最大の恐怖は死だ。

死への恐怖をなくすことが出来れば自由に生きれる。

アクティブになれる。

ここで言う死に方は、病気とか事故などの死因ではない。

死ぬときには、その人の生きざま現れる。

生きている人に残念な思いをされるか、内心やったって思われるか。

多くの人か。

少ない人か。

死ぬときが、一番その人の価値が現れるんだよね。

だから、どうやって生きるか。

どうやって死ぬか。

成長よりもっと大事な価値観だと思うんだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク