新しいフリマのギフル!amazonが3割引で使える!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいフリマの「ギフル」をご存知ですか??

ギフルは、デジタルギフト券の個人間のフリマサービス。

2016年4月にギフルはサービスインしました。

そんなフリマサービスのギフルが今超話題になっているんですね。

その理由をご紹介します。



ギフルとは?

ギフルは株式会社ギフトプライスによって運営されています。

そのギフトプライスは株式会社パレンテによって運営されています。

株式会社バレンテは、コンタクトレンズのEC事業を手がけています。

そういった意味では、ギフルはこういったサービスのプロが運営していると考えていいと思います。

ギフルを運営しているギフトプライスの社長、楠雄司さんはインターネットの様々なサービスを立ち上げてきました。

何度も運営しているということは、ギフルが良い運営をされる確率が高いと言えるでしょう。

様々なギフト券で使える

フリマサービスのギフルはamazonはもちろんのこと、iTunesカード、GooglePlayカード、LINEプリペイドカードなど様々なデジタルギフト券をギフルで売買できます。

しかも、ギフルでは最大で3割引のギフト券を購入できる。

amazonやiTunesカードって人によっては、かなり使いますよね。

自分の前職では、会社の備品を買うのに、かなりamazonを使っていました。

それをギフルを使って、3割引のカードを購入できたら・・・・

かなりの節約になりますね!

ギフルのシステム

気になるのは、ギフルのシステム。

初めての人にとってはよくわかりませんよね。

ギフルのシステムはどうなっているのでしょうか??

ギフルのシステムは以下のとおり。

出品(出品者)

購入(購入者)

ギフト券が届く(購入者)

とギフルのシステムは至ってシンプル。

ギフルはギフト券のフリマなので、他のCtoC(個人間)よりも簡単になっています。

ギフト券はコードのやりとりをするだけなので!

3つの手数料が無料

最近、メルカリやフリルなどフリマアプリは有名になっていますね。

メルカリの場合手数料は、

・販売手数料
・振り込み手数料
・支払い手数料

がかかります。

販売手数料はと振込手数料に関しては、出品者側が支払う手数料。

振込手数料は、購入者側が支払う手数料。

メルカリの場合は、これだけの手数料がかかります。

一方で、ギフルの場合は

スクリーンショット 2016-07-15 13.41.15

引用:

人気ギフト券の個人売買支援サービス「ギフル」 | Amazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayカード、LINEプリペイドカード、楽天スーパーポイントが格安・割引価格で購入できます。

ギフルではお得に活用するために、事前の入金がお勧めしています! 入金の仕方はとっても簡単! 入金先を選んで、表示された口座にお振込みするだけ! 振込先口座はメールでも送られてくるので 暗記する必要はありませんよ。 その際、重要なポイントがあります! 振込名義人欄にユーザーID

・ユーザー登録の手数料
・購入手数料
・販売手数料

が無料。

通常ギフルでは、取引完了時に出品したユーザーにシステム手数料2%かかりますが、現在ギフルのシステム手数料は無料。

システム手数料

キャンペーン期間だから、ギフルの手数料は無料なんですね。

2016年9月からはシステム手数料がかかりますが、今は無料。

今がチャンスかもしれないですね。

登録は以下のバナーをクリック。



ギフルの評判

気になるのはギフルの評判。

ギフルの評判はどうなっているのでしょうか??

ギフルの評判はシンプルでいいこと。

コードを書くだけの取引なので、メルカリやフリルなどモノを売買するものに比べるとギフルはトラブルに巻き込まれるリスクはかなり低い。

そういった意味では、ギフルの評判がいいといえますね。

ギフルの登録は以下から

人気ギフト券をお得に買うならギフル!

ギフルの評判!最新情報。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク