あなたは38度の熱でも出社しますか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは38度の熱でも出社しますか??

熱。

これは誰にでも起こる身体の不調。

身体は「もう働かないで」と悲鳴をあげている。

細菌に侵されたり、働きすぎの疲れで熱が出たり。

もう「働くなと」身体は教えてくているのに、日本人の多くがこれを無視する。

1月23日の放送ネプリーグ。

ネプリーグで「38度以上の熱出たら会社を休む人の割合は?」という出題でその答えがなんと45%だった。

38度の熱でも出社人がなんと5割を超えているのだ。

自分しかできない仕事で多くの人に迷惑がかかるのなら、仕方ない。

38度の熱でも出社する人は重要じゃない状況でも働いちゃんだと思う。

戦前には「お国のために」皆我慢して働いた。

それはそれなりに意味があった。

国がなければ、日本人の命、財産、人権・・・

様々なものが守られないから。

それに期間限定であった。

でも、今の日本人は「会社のために」になっている。

日本には430万社の会社があるわけで、会社が潰れたって死ぬわけじゃない。

それでも、自分の心、身体を壊しながら会社に行く。

自由じゃない。

それも40年以上。

日本人が幸せじゃないのもうなずける。

社会人である前に僕達は人間だ。

幸せに生きる権利がある。

40年も心と身体の声を無視し続ければ、なにかしらの病気になるし、鬱にだってなる。

気づいたときには手遅れ。

身体の声は様々なことを私たちに教えてくれる。

心、体の声に従おう。

そして心、体の声に従えるような状況を作ろう。

自らのスキルを高めて、自分の好きなこと、得意なことで生きていけるようにする。

そのために、時間とお金のコストをかける。

転職でスキルアップとかもけっこうおすすめ。

おすすめの転職サイトを教えます。

38度の熱でも出社は異常だからね。

歳をとったときに、その影響が出るよ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で僕が起業した理由をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク